Hidari-kyouya

Hidari-kyouya's Profile

ProfileLast updated:

Hatena ID
Hidari-kyouya
Self introduction

マイルーム訪問ありがとうございます!

もっと見るをタッチしてm(ー -)m

ポルノグラフィティの歌の歌詞を載せましたぁぁぁぁぁぁぁ

これからもどんどん歌詞を載せていきたいです!!!

誰か僕とメールしていいよと言う人はコメ下さい!!

ただいまリクエスト&友&メル友 募集中d( ^-^)

   <プロフィール

誕生日:9月1日(みんなー祝ってww

年齢:15歳

部活男子ソフトテニス

ポジション:後衛

好きなアーティストポルノグラフィティー・GReeeeNなどその他もろもろww

好きな曲:アゲハ蝶アポロ・狼・学園天国メリッサ・fanfare•バクチ•ダンサーなどなどです。

住んでる場所:静岡県 静岡市 ピィーーーww

趣味テニス・昼寝・あとは・・・・・酸素を吸って二酸化酸素にすることです(笑ww

好きな漫画アニメ):REBORN・ベルゼバブNARUTOナルトー・スケットダンス鋼の錬金術師ONE PIECE黒子のバスケ•はやとの孫(←ミスッたww

好きな食べ物バナナピーマン (o゚◇゚)ゝォォオオオイイイィィ!!バっバナナってお前ww

嫌いな食べ物ゴーヤ

携帯持っていてメールしてもいいよと言う人は最初コメント下さい

kazuki.tennis-0901@docomo.ne.jp

で~~すぅ(>_<)

まぁこんな奴ですがどうか

宜しくお願いします!!×∞

 5月9日 6時34分

   ♪更新

ポルノグラフィティ

アゲハ蝶

ヒラリ ヒラリと舞い遊ぶように

姿見せた アゲハ蝶

夏の夜の真ん中 月の下

喜びとしてのイエロー

憂いを帯びたブルー

世の果てに似ている漆黒の羽

旅人に尋ねてみた

どこまで行くのかと

いつになれば終えるのかと

旅人は答えた

終わりなどはないさ

終わらせることはできるけど

そう…じゃあ お気をつけてと

見送ったのはずっと前で

ここに未だ還らない

彼が僕自身だと気付いたのは

今更になってだった

あなたに逢えた

それだけでよかった

世界に光が満ちた

夢で逢えるだけでよかったのに

愛されたいと願ってしまった

世界が表情を変えた

世の果てでは空と海が交じる

詩人がたったひとひら

言の葉に込めた

意味をついに知ることはない

そう それは友に

できるならあなたに

届けばいいと思う

もしこれが戯曲なら

なんてひどいストーリーだろう

進むことも戻ることもできずに

ただひとり舞台

立っているだけなのだから

あなたが望むのなら この身など

いつでも差し出していい

降り注ぐ火の粉の盾になろう

ただそこに一握り残った僕の想いを

すくい上げて心の隅において

あなたに逢えた

それだけでよかった

世界に光が満ちた

夢で逢えるだけでよかったのに

愛されたいと願ってしまった

世界が表情を変えた

世の果てでは空と海が交じる

荒野に咲いたアゲハ蝶

揺らぐその景色の向こう

近づくことはできないオアシス

冷たい水をください

できたら愛してください

僕の肩で羽を休めておくれ

ポルノグラフィティ

MONSTER

決着(けり)をつける頃かも

見栄を張るばかりの人生

身の程を知ればそこで

振り出しに戻れるのだろう

裏側を暴かないでよ

そこに在(あ)るもの分かっている

「夢」や「希望」を喰い尽くす

「嘘」や「妥協」というMONSTER

自分自身と交わした約束

破り続けていたら

いつの間にやら居座り続ける

この心の奥深くに

決着(けり)をつける頃かも

見栄を張るばかりの人生

身の程をしればそこで

振り出しに戻れるのだろう

「しょうがない」という言葉

逃げ出すことを正当化して

甘ったれな安易な道へと

知らぬ間に誘うMONSTER

自分自身を律することさえ

ままならないくせして

誰かのせいや 時代のせいにして

傷を負わなくしていた

小手先で誤魔化しを

利かせるのは上手くなった

その場しのぎで繋いで

偽物の汗を流した

百花繚乱?諸行無常?

おお なんてこった

ならばI'm  a  LOOSER

誰の心にも飼い慣らしてる

It's a BIG MOSTER

もう隠せないと覚悟を決めたら

不意に怖くなったよ

少しだけでいい 勇気を下さい

キミはどんな風に見てたの?

知らないのは自分だけ

等身大自分

他人はすべて知ってる

悲しきピエロの夢

決着(けり)をつける頃かも

時間はもう残されてない

期待はずれの自分

おさらばしてゼロに戻ろう