Tattaka

Tattakaさんのプロフィール

Tattaka :美術家・グラフィックデザイナー

プロフィール最終更新日:

はてなID
Re-TATTAKA
ニックネーム
Tattaka
一行紹介

Tattaka :美術家・グラフィックデザイナー

自己紹介

Tattaka:文人美術者

[美術とデザイン]http://www.bit-rabbit.com

[音]http://www.myspace.com/tattakaakatakahashitatsuo

[オルタナ美術部HPhttp://www5.pf-x.net/~alternartclub/

[オルタナ美術部ログ]http://alternartclub.jugem.jp/

[日記]http://love.ap.teacup.com/tattaka/

---

大学卒業後、クリエイティブ関連の仕事を経ながら美術家として作品を発表。かつてのキリスト教プロテスタントとへの信仰と、P.K.ディックなどによる神秘主義的との軋轢が美術へ向かう契機となった。

日常と超越性の浸潤に関心がある。スナップや雑誌から借用したイメージ、撮影したビデオから絵画や映像を制作するが、最近はインスタレーションに傾倒している。映画制作、演奏活動も行う。テーマは日常生活、少女趣味、文学、映画などがあり、メランコリーである。

 ラウシェンバーグ、ボードリヤールなどから影響があるが、とりわけジャック・デリダの影響は強い。「もの派」へのシンパシーもある。思考の源泉は「映画」と映画をめぐる言説にある。映像とサンプラーなどによる即興演奏も行い安永哲郎とHAKONEというユニットを組んでいる

1998年 泉沢儒花とビジュアルユニットBitRabbit(ビットラビット)を結成、すぐに美術小冊子appel(アペル)を発刊。2002年には同名のショップ『ギャラリー・カフェ&ブックスappel』を東京、世田谷区経堂に開店、2006年にこの店は閉店する。が、都内のオルタナティブ・ギャラリーとしてアートとサウンドやトークなど多岐に渡る文化の発信地として機能した。2007年よりフリーペーパー『art on (weekend)』を発行。1999年第13回ホルベイン・スカラシップ選出。1993年より不定に作品を発表:2001年/現代写真の動向 2001outerinter/川崎市市民ミュージアム、2002年/個展/OFF SITE(代々木)、2008年/個展/リトルコ(十条)、現代 HEIGHTS Gallery Den .STほか個展、グループ展多数。

■主な参考資料/作品紹介として

・アクリラート別冊2000 第13回奨学者

・美術手帖 2001.5月No.805 p156 展評:白坂ゆり ギャルリ伝3/1-13

・現代写真の動向2001 -outerinter - 〈川崎市市民ミュージアム〉

・明星大学研究紀要 no.12 平成16年 2004 p68-69 嵐が丘 - WUTHERING HEIGHTS -

・美術手帖 2005.6月No.865 p54-55 対話する絵画 刻印された物語

IDEA NO. 328 : デザインの草の根 Bit Rabbit記事掲載

氏名

Tattaka a.k.a. 高橋辰夫

性別

血液型

O

職業

自営業 文人美術家 グラフィックデザイナー 即興

趣味

ハイク

ホームページ 1 http://www.bit-rabbit.com/
ホームページ 2 http://www5.pf-x.net/~alternartclub/

好きなもの