Thorn

Thorn's Profile

岡和田晃(おかわだ・あきら) 文芸批評/ゲームデザイン/大学非常勤講師。【発言は所属組織とは無関係】

ProfileLast updated:

Hatena ID
Thorn
Description

岡和田晃(おかわだ・あきら) 文芸批評ゲームデザイン大学非常勤講師。【発言所属組織とは無関係

Self introduction

メールでのご連絡は、akiraokawada★gmail.comまでどうぞ(★→@)。

 (お返事まで10日から2週間ほどお時間をいただく場合があります



文芸評論(SF、純文学ミステリノンフィクション……)。

・RPG/アナログゲーム関係のデザインライティングや翻訳、リプレイ小説の執筆や設定考証、ディヴェロップメント等。

中世ヨーロッパの社会史についてのわかりやすい入門記事の執筆。

アイヌ民族否定論レイシズムへの対抗言論の構築と展開(主に北海道文学研究の立場から)。


 これらを並行して手がけています現場感覚と理論を大事にしています


▼ひとこと

 セルバンテスと「ヌーヴォー・ロマン」で文学に開眼。ニューウェーヴSFとの邂逅で道が決まる。ジャンル横断と精密な調査を信条とし、文芸評論家としては、批評家泣かせのテクニカルな作家/作品、世界文学を意識したスケールの大きな作家/作品、ポストコロニアルな言説の暴力性に自覚的な作家/作品を、積極的に各種文芸誌新聞等で論じています

 2001年からライター活動、2003年からゲームのイべントでのゲームマスターの仕事をはじめました。2007年からライター活動は本名に切り替え、2009年からは商業媒体で文芸批評を書くようになりました。2013年には批評としての初の単著『「世界内戦」とわずかな希望 伊藤計劃・SF・現代文学』を刊行しました。2015年からは「図書新聞」で文芸時評を手がけています

 物語論とインタラクティヴィティへの一貫した関心から、RPGを中心としたアナログゲームプロフェッショナルライターおよびゲームマスターとしても長年現場で活躍しており、『アゲインスト・ジェノサイド』ほかのリプレイ小説や翻訳書の刊行・各種コラム記事の仕事が多数あります。RPG文化の原点たる海外ゲームテイスト大事に、クリエイター視点を常に忘れず、シナリオライティングやディヴェロップメント、設定考証等を毎月行っています


▼略歴

 1981年北海道空知郡上富良野町生まれる。

 1993年トールキン指輪物語』にル=グウィンゲド戦記』、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』や『トンネルズ&トロールズ』といった、海外のSF/ファンタジーロールプレイングゲーム(RPG)文化に出逢う。

 1997年北海道旭川北高等学校英語科入学

 1998年セルバンテスドン・キホーテ』やゲーテファウスト』等、海外文学に魅了される。新創刊の文芸誌「TILL」(新風舎)のコンテストに応募したショートショートが入選、同誌に掲載される。その後、「TILL」ではショートショート短編小説が佳作となり、本格的に文筆業を志す。

 2000年北海道旭川北高等学校英語科卒業、早稲田大学第一文学部入学。この年、初めて原稿料をもらう。

 2001年ペンネームでのライター活動を本格的に開始、また出版社勤務を経験。

 2003年ホビージャパン主宰『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(第3版)公式コンベンションにてダンジョンマスターゲームマスター)をつとめ、プロ活動を開始する。以後、現在に至るまで、ホビージャパンコンベンションジャパンゲームコンベンション、『エクリプスフェイズ』体験会など、各種イベントにてRPG関係のゲームマスター業を行なっている。

 2004年早稲田大学第一文学部総合人文学科文芸専修卒業。卒業論文フリードリヒ・シュレーゲルを中心としたドイツロマン主義自然観について(約400枚)

 卒業後は写真月刊誌ライター建築現場での雑工仕事など、さまざまな職種を経験する。2010年に結婚。2014年より、筑波大学大学院人文社会科学研究科一貫制博士課程文芸・言語専攻に在学(2017年、修士取得退学)。

 2015年度より共愛学園前橋国際大学非常勤講師となり、「比較文学文化II」や「ポップカルチャー論」を担当(2017年度まで)。

 2018年度より、東海大学文芸創作学科非常勤講師



ゲームデザイナーライターとしての活動(簡易版)


 2007年、「Role&Roll」誌Vol.30のミニ特集「やってみよう、ゲームマスター!」を皮切りに、RPGを中心にしたアナログゲームについてのライター仕事を始める(以後、活動はすべて本名)。「R・P・G」、「GAME JAPAN」、「GAME LINK」、「Lead&Read」等、ほぼすべてのアナログゲーム雑誌に汎用記事リプレイレポート、論考などを寄稿。

 2010年アナログゲームとそれ以外の社会的要素を結びつける新たなプロジェクトAnalog Game Studies」をクリエイター・学術関係の仲間と立ち上げる。プロジェクトウェブマガジン商業誌への寄稿を行い、また明神下ゲーム研究会と協力し、「MISSION IMPOSSIBLE 発達障害想像力世界」を参加・運営するなど、イベント積極的に開催。

 著書に『アゲインスト・ジェノサイド』(狩岡源/アークライト監修、新紀元社)、翻訳(主に共訳)および紹介作品(翻訳、公式リプレイ執筆)に『ウォーハンマーRPGシリーズ、『ダンジョンズ&ドラゴンズシリーズ(第3.5版、4版)ホビージャパン)など。

 一風変わったところでは、ジュノディアスオスカー・ワオの短く凄まじい人生』(新潮社)の翻訳協力も行った。

 現在は『ダンジョンズ&ドラゴンズ』第4版のリプレイ公式サイトで、中世ヨーロッパ文化風俗を解説する「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」を「Role&Roll」で、それぞれ連載。また、大作ポストヒューマンRPG『エクリプスフェイズ』の翻訳。雑誌掲載記事のチェックも担当している。

 プロジェクト・ハーンの一員として、『ハーンワールド/ハーンマスター』の展開に協力。発売予定の『雛菊の野』にも関わっている。

 ゲームシナリオに「Role&Roll」Vol.42「黒の過程」、同Vol.67「ミッションルインズ・アンド・イデオロギー」、Vol.143「スパイダーローズ孤独」など十本以上。

 HUGO HALL氏の「バーナム二世事件」(『ホームズ鬼譚 異次元の色彩』所収)、「レーリッヒ断章の考察」(『狂気山脈の彼方へ』所収)へそれぞれ協力。

 「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」や「ナイトランド・クォータリー」にて、ゲームと文芸をつなぐ記事を頻繁に寄稿している。

 2016年、『エクリプスフェイズ日本語版ルールブック出版。また『トンネルズ&トロールズ』関連の翻訳・創作・研究を開始。

 2918年『ベア・カルトの地下墓地』、『アンクル・アグリーの地下迷宮』出版。


文芸評論家としての活動(簡易版)


 2008年トマス・ディッシュと生政治について論じた「生政治と破滅(カタストロフィー)」で第51回群像新人文学賞最終候補。

 2009年ニューウェーヴSFの総本山NW-SF」の後継組織「Speculative Japan」に加入する。

 2010年、「「世界内戦」とわずかな希望――伊藤計劃虐殺器官』へ向き合うために」にて、第5回日本SF評論賞日本SF作家クラブ主催早川書房後援)の優秀賞を受賞。

 以後、「SFマガジン」、「小松左京マガジン」、「SF JAPAN」、「Webミステリーズ!」、「SF Prologue Wave」、「時事通信」、「季刊メタポゾン」、「早稲田文学」、「すばる」、「東京新聞中日新聞」、「新潮」、「三田文学」、「現代詩手帖」、「日本経済新聞」等に寄稿。日本SF大会SFセミナーSF乱学講座東京理科大学筑波大学広島大学神田外語大学ジュンク堂書店池袋本店、東京堂書店神保町店、東京外国語大学等で講演を行った。

 また、2009年よりサークル幻視社」の仲間と向井豊昭氏の遺稿の自費出版ウェブでの公開を行なっている。

 2013年には、初の評論単著『「世界内戦」とわずかな希望 伊藤計劃・SF・現代文学』を出版。日本図書館協会選定図書となる。

 2014年には編著『向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ』、編著『北の想像力』、単著『向井豊昭闘争 異種混交性(ハイブリディティ)の世界文学』を出版。『向井豊昭傑作集』は日本図書館協会選定図書となる。編著『北の想像力 〈北海道文学〉と〈北海道SF〉をめぐる思索の旅』(寿郎社)は、第35回日本SF大賞最終候補となる。

 2015年、『北の想像力』が『SFが読みたい! 2015年版』で国内第8位、『「世界内戦」とわずかな希望』が国内第19位と、ダブルランクイン。共編著『アイヌ民族否定論に抗する』刊行、全国学校図書館協議会選定図書となる。「図書新聞」での文芸時評を担当開始(継続中)。

 2016年、評論集『破滅(カタストロフィー)の先に立つ ポストコロニアル現代/北方文学論』(幻視社)が第50回北海道新聞文学賞の佳作となる。評論での入賞は22年ぶり。第4部が2017年1月刊の『北の文学2016』(北海道新聞社)に所収。

 2017年、『世界にあけられた弾痕と、黄昏の原郷 SF・幻想文学ゲーム論集』を出版。

 2018年、『反ヘイト・反新自由主義の批評精神 いま読まれるべき〈文学〉とは何か』を出版。


▼参加組織

 【アナログゲームスタディーズAnalog Game Studies】代表

 【日本SF作家クラブ/Science Fiction and Fantasy Writers of Japan】会員

 【日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」】編集委員

 【speculativejapanニューウェーヴ雑誌「NW-SF」後継組織)】会員

 【幻視社(文学同人)】会員

 【日本近代文学会】会員

 【ボードゲーム読書会高田馬場】参加

 【日本文藝家協会】会員

 【日本デジタルゲーム学会】会員

f:id:Thorn:20161023204621j:image

 ※仕事一覧はこちらからどうぞ。

http://d.hatena.ne.jp/Thorn/00000001