aikwill

aikwillさんのプロフィール

プロフィール最終更新日:

はてなID
aikwill
自己紹介

はじめまして

恋愛マイスターこと,

愛輝と申します.


私は四年生大学卒業し,

現在大学院生をしています


突然ですが,私には彼女がいます


彼女がいるっていいですよね.


誕生日には誕生日プレゼント

をもらえたり


男同士で普段なかなか行くことができない

おしゃれなカフェに入ってお茶をし

優雅な午後を過ごしたり


二人っきりでに観光地旅行に行き,

旅館に泊まりゆっくり温泉につかったり


つらい時には,

励ましあえる存在であったり,


彼女がいるということだけで,

心に余裕ができ,

日々の生活にゆとりを持って生活できたり,


クリスマスには,

恋人同士でしかいけないような

イベントに参加し,

あわよくば性なる夜を過ごしたり(笑)


そして,一番の恩恵

自分に自信が持てることだと思います


自信を持つことができれば

仕事勉強,

人間関係プライベートにまで

好影響が波及し人生を豊かにします.


この様に,彼女がいるということには,

たくさんの恩恵があります


しかし,大学生の多くには


女の子との出会いがない」


女の子とどのように話せばいいのかわからない」


「そもそも女の子に対する免疫すらないので,

目を見て話すことができない」


と嘆いている大学生

とても多いと感じます

(少なくとも私の周りではそうでした)


女の子と遊びに行きたいけれど

周りに女の子がいないから,

誘うことができない


俺も彼女を作って,

充実したキャンパスライフ桜花したい.


この様に思う大学生

きっと少なくないと思います


私は,このように思う大学生に対し,

どのようにして彼女をつくるかということを

紹介しています


しかし,偉そうに彼女の作り方を教えると

言っておきながら,わたしはついこの間まで,


21歳まで彼女ができたことがない.

まり彼女いない歴=年齢

だったのです.



私は今までの人生の中で

一度も女の子との出会いがなかった

わけではありません.


中学までは普通の共学で,


文化祭体育祭

普段の授業や部活

女の子との出会い

数えきれないほどありました.


これが当たり前の環境だったのです.


そのなかで,可愛いなと思うこ子とか,

しかけてきてくれる女の子がいましたが,

付き合うまでには至りませんでした.


私は,極度の恥ずかしがりやであり,

プライドも高く,

からどう見られているのかということを,

極端に気にしてしま性格でした.


そのため,その性格が災いして,

三年間付き合うことがありませんでした.


しかも,高校入学すると

高校男子校で,

三年間彼女を作ることが

できませんでした.


さすがに,大学生になったら

彼女なんですぐにできるだろうと,

一年間の浪人の末,

大学合格


しかし、

さぁ,彼女を作って

キャンパスライフを謳歌してやろうと

いう幻想入学直後に打ち消されることとなります


まず私の入学したのは理系学部で,

女の子ほとんどいなかったのです.


いままではクラスに当たり前のように,

いた女の子大学ではそれがない


私が夢にまで見た,

キャンパスライフ

打ち砕かれようとしていました.


しかも,私は三年間男子校で過ごし,

思春期の多感な時期に

女の子と接してこなかったため,

女の子に対する免疫がありませんでした.


そのため,クラスにいる数少ない女の子との

接する機会があっても,免疫力のない私は


目を見て話すことができず,

まともな会話をすることすら

できませんでした.


きっと,女の子たちは,

あいキモイ」とか

「話が弾まないしつまんない」

と思っていたに違いありません.


そのような感じで,

大学1年生が終わりました.


大学1年が終わるころ,

成人式がありました.


その成人式で私は,

とてつもなく悔しい思いを

することになります


かつての旧友のほとんどは,

彼女がいて,

飲み会ではほとんど,

女の子話でもりあがっていたのです.


私は今まで彼女

できたことがなく

もちろん童貞でもあったので,


会話に参加することができず、

愛想笑いを浮かべることしかできませんでした.


私は彼女話題であったり,

セックス話題

振られてしまうのではないかと,

ひたすら怯えていました.


私はとても悔しい思いをしたので,

絶対彼女を作って,

みんなを見返してやろうと

思っていましたが,


結局私には何をすることもできませんでした.


しかしなんだかんだで

大学の中のいい友達には彼女ができていない人が

多かったので,自分もまだ大丈夫だろうという

安心感のようなものがありました.


そんな安心根底から揺るがす出来事が,

大学2年の夏に起こりました.


それは誰よりも仲の良かった親友彼女ができ,

なんと初体験まですませてしまった

という出来事が起こったことでした.


この出来事に私は,

とてつもない孤独感と同時に,

焦りを感じました.


私はようやく心に火が付き,

彼女を本気で作ろうと

行動し始めます


私はまず女の子のいる環境に飛び込もうと,

居酒屋バイトを始めました.


その居酒屋女の子割合が多く、

出会いが多いかのように思われました。


そこで働く同年代女の子らと一緒に,

働くことができましたが,

なかなか心が打ちとけ会えないという

状態がしばらく続きました.


私は相変わらずのビビりぶりを発揮し,

女の子とは挨拶を交わしたり,

仕事での最小限のコミュニケーションをとることしか

できませんでした.


バイトの同僚の中には,

すごくいいなと思う子がいたのですが,


普段それほど会話することができなく

当然遊びに誘うということができませんでした.


バイト彼女を作ることをあきらめた私は,

次に友達に誘われた合コン出会いを求めるようになりました.


合コンには自分と同じ大学の子,他大学の子

様々な子と一緒に合コンしました.


それでも,私はうまく話すことができず,

ただお金時間けが失われていくという

繰り返しでした.


彼女を作るためにはどうすればいいのか」


私はインターネットサイトめぐり

書籍を読み漁り,

ありとあらゆる情報を調べまくりました.


ある程度の知識を身に着けた私は,

これで彼女を作ることができるだろうという

過信をしてしまいました.


しかし,

いざ知識を使って彼女を作ろうと

行動しようとしてみると,


ただ知っているのと,実際に行動することの間には

大きな溝がある.


ということを痛感させられました.


本やサイトに書いてあったことは,


女の子に話しかけるときは,

話しやす雰囲気を作ろうとか,

女の子が興味のある話をしようとか,


本やサイトには様々なことが書いてあったのですが,

話しやす雰囲気を作るために,

女の子の前でニコニコしたりすることが

できませんでした.


今までそれほど女の子と絡んでこなかったので,

女の子の興味のある話がなんなのかをわからなかったり,


一体何をしていいのか分からない.


さらに,

女の子の前で明るく振舞おうとしても,

極度の緊張のあまり声がうわず

自然なふるまいをすることができませんでした.


当然女の子に好感をもたれることはなく,

しろ変わっている人だと気持ち悪がられ,

私の印象はどんどん悪い方法へと下がっていくばかりでした.


私は,今までに彼女の一人もできたことがないし,

女の子に好印象を持たれようと頑張ってみたが,

しろ気持ち悪がられてしまった.


私はこのまま大学生のうちに

彼女を作ることができないのではないか


さらに一生彼女を作るということができないのではないか


私は人生絶望感すら覚え始めていました.


しかしこんな私ですが,

あるイベントに参加したことがきっかけで,

女の子に対する意識が少しだけ変えることができた

出来事が起こりました.


それは学生団体主催イベント

関西大学生を集めてバーベキューをしようというものでした.


そのイベント友達

見つけてきてくれて,

一緒に参加してみることにしました.


しかし参加してみたものの,

恐怖のあまり私は女の子に話しかけることができず,

友達と飲んで話していることしかできませんでした.


そんな様子を見た,

団体会長が話しかけてきてくれました.


そのイベント主催者である団体会長は,

とてもフレンドリーで,明るく,私とは正反対性格でした.


キャラ根暗の私にも気さくに話しかけてくれ,

女の子になかなか話しかけられずにいた,

女の子を紹介してくれました.


その紹介してくれた女の子は,

会長同様に気さくなこで,

とてもノリがいい子でした.


普段理系学部で男だらけの環境しかいない,

私にとって,このような体験はとても刺激的なものでした.


普段接するようなことのない,

ケイケの女の子普通に会話が弾んでいたのです.


この様な経験は,私の人生のなかで初めてことでした.


女の子と楽しく話ができている,

女の子気持ち悪いと思われない,

女の子が僕の話を聞いてくれる,


私はこの出来事がうれしくてうれしくてたまりませんでした.

そして,女の子に対する恐怖心のようなもの

薄れたのように感じました.


この経験をしてから,私は

女の子学校ですれ違っても,

普通に女の子あいさつができるようになり,

徐々に会話もできるようになりました.


その数か月後には,

友達に紹介してもらい,

女の子デートに誘うまで成長することができました.


そして,その一か月後には,

ついに告白成功し,


ついに人生初の彼女を作ることに成功しました.



この彼女ができてから

私のキャンパスライフ人生

ガラッと変わりました.


今までびくびく怯えていた男友達との飲み会におくせず

参加することができるようになりました.


今までクリスマスは一人で過ごすか,

さえない友達と集まり

傷のなめあいをしていました.


しか彼女ができてからは,

彼女とおしゃれなレストランで一緒に

過ごすことができるようになりました.


童貞であることを,友達馬鹿にされることがなくなりました.


そして自信をもつことができました.


自分に自信を持つようになってから

大学での生活や,プライベート

変化が現れるようになりました.


よく私は,大学内のカフェを利用して

授業で出された課題をこなしていました.


かつての私は,

そこで一緒に勉強しているカップルが目に入り,

気になって気になって仕方がない,

うらやましい!


と思いなかなか勉強が手につかなかったのですが,

彼女ができてからはそういうことは一切考えずに,

今あるタスクに全神経を集中できるようになりました.


かつての私は,

女の子と話をするときどこか自信なさげに

おどおど,びくびく話しており,

心に余裕のない状態でした.


しか彼女ができからは,

女の子と話すときも堂々としたふるまいをすることができ,

心に余裕を持った状態

話をすることができるようになりました.


その結果,女の子たちから

好印象を持たれるようになり,

そしてついに,

女の子モテようになりました.


私に彼女ができてから

H君という友人によく

よく相談を受けるようになりました.


H君は大学に入ってからできた友達で,

よく一緒につるんでいる仲のいい友人なのですが,

H君もまた私と同じように

彼女ができたことがなく悩んでいました.


H君も以前の私のように,

女の子と話をするのが怖い」

と言っていました.


そんな彼を見た私は,

H君にかつての私の影を見出し

なんだか放ってはおけないな

という気持ちになりました.


H君にどういうマインドでいるべきか,

どういう行動をとるべきなのかというアドバイスをし,

彼に実践してもらいました.


すると驚くべきことに,

彼は1ケ月に彼女を作ってしまったのです.


さら彼女ができてから彼は,

からは焦りが消え,ゆとりができ,

からは自信が満ち溢れ,

まるで別人のように生まれ変わっていたのです.


そこにはかつて自信なさげ女の子に恐怖を感じ,

おどおどしていた彼の姿はもうありませんでした.


気づけばいつも隣に彼女をつれて,

どや顔で,堂々とキャンパスを歩き,

そして充実した表情で

大学卒業していきました.


H君は大学時代彼女を作れたことがきっかけで,

自信がつき現在社会人になった彼は,

バリバリ仕事をこなし,休日には彼女代官山デートをし,

とても充実した人生を過ごしています


また,私の中のいいバイトの後輩I君がいたのですが,

そのI君もまた,さえない大学生活を送っており,

今までで彼女ができたことがありませんでした.


そんな彼にH君同様に

アドバイスし続け

そしてついに,

後輩I君にも彼女が作ることができました.


その後,彼の人生がどう好転したのかは言うまでもないでしょう.


自分は変われないと思っていても,

絶対に変わることができるということ.


変わった後は

今まで想像さえできなかった,

自信に満ち溢れた自分出会えること.


以前の私のように,彼女ができなくて

苦しいと感じている人を救いたい.


そう思った私は,

このブログを立ち上げました.


そして,

私が女の子との出会いから

実際に女の子と付き合うに至るまでの

メソッドを公開することにしました.


今まで彼女ができたどころか,

女の子と目をみて話すことすらができない.


彼女を作りたいけど,

女の子との出会いがない.


そんなあなたでも

絶対彼女ができます


こんな私でも出来たのですから


本当に彼女ができるということを保証します.


彼女ができて,

毎日に彩を持たせ,

人生を謳歌しましょう!


最後までありがとうございました!

氏名

愛輝

性別

男子

年齢

24

職業

大学生