asukabunnka

asukabunnka's Profile

ProfileLast updated:

Hatena ID
asukabunnka
Self introduction

しばらく忙しいのでうごメモ

来れません

ふみのプロフ

年•••15

好きな○○•••マミさん ポケモン

アニメ日常銀魂イナイレポケモン男子校生の日常まどマギバカテス





ふみの語るポケモン映画

ミュウツーの逆襲」

ミュウツーの前に彼のオリジナルであるミュウが現れる。自分の「本物」であるミュウに敵意を露にし、「本物」であるミュウと「コピー」の自分のどちらが強いかを決めようと戦いを挑むミュウツーに、ミュウはある提案を持ちかける。それは、自分達だけでなくコピーポケモン達とそのオリジナルポケモン達を戦わせることで「本物」と「コピー」のどちらが強いかを決めるというものだった…。

幻のポケモン ルギア爆誕」

サトシ達一行は女船長のみっちゃんの船に乗せてもらい、オレンジ諸島を巡っていた。しかし嵐に見舞われ、オレンジ諸島の海の果て「アーシア島」にたどり着く。島は年に1度の祭りの日であり、サトシ達は島民から歓迎を受ける。

時を同じくして、世界中の珍しい物を集めているコレクタージラルダンが自らの飛行宮を使い、炎の神であるファイヤーを捕らえる。

それを察知した雷の神サンダーと氷の神フリーザーが現れるが、ジラルダンの真の目的は海の神「ルギア」を捕獲し、自分のコレクションに加えることであった。

結晶塔の帝王 ENTEI」

人間ポケモン以外の動物がいないはずのアニメポケモン世界で、ティラノサウルス化石発見されるという事件から始まる。この発見ポケモン学会は大騒ぎになり、やがて学者達は自分達の住む世界に何か秘密があるのではと疑問を抱き始める。しかし例のティラノサウルス化石に意思が宿り、動き始め暴走してしまう。サトシ達やロケット団世界中人間ポケモン達がティラノサウルスを食い止めようとする。ラストティラノサウルスとある場所で動かなくなり、人々は「一体あれはなんだったのか」「自分達の住む世界は、一体どんな世界なんだろう」と視聴者に問題を投げかける形で幕を閉じる

セレビィ 時を超えた遭遇」

現代の40年前の世界。ハテノの森を訪れた少年・ユキナリは、森の中でハンターに追われていたポケモン出会う。そのポケモンは「セレビィ」といい、時を超える力を持つと言われるポケモンだった。セレビィハンターから守ろうとしたユキナリは、セレビィの力でセレビィと共に40年後の未来タイムスリップしてしまう。

現代。旅の途中でハテノの森を訪れたサトシ一行は、セレビィが時を越える際に起こる「森の声」という現象に遭遇。程なくサトシ達は祠の前に倒れているユキナリを発見。ハテノ村の長老トワ達に介抱されたユキナリはセレビィがいないことに気付き、サトシ達と共にセレビィを探しに向かう。傷だらけのセレビィを見つけたサトシ達はトワの下へ戻ろうとするが、そこへセレビィを追っていたロケット団幹部・ビシャスが現れ、セレビィを捕えようと襲い掛かって来た。ユキナリとの連携でビシャスのポケモンを撃退し、何とか逃げおおせたサトシ達は、生き物の傷を癒す不思議な力を持つ湖にたどり着き、そこで一夜を明かす事にする。

その後、サトシとユキナリは意気投合し、二人はセレビィとも仲良くなった。だが翌朝、再びビシャスが現れ、セレビィはビシャスに捕らえられてしまう。捕まえたポケモン邪悪な心を植えつける特殊なモンスターボール「ダークボール」で捕獲されたセレビィ邪悪な心を植えつけられてビシャスの言いなりになり、森を破壊し始めてしまった。

ユキナリとサトシ達がセレビィを助けようと奮闘する中、伝説のポケモンスイクンが現れる。サトシとユキナリはスイクンの力を借りてセレビィの下へと向かうが…。

水の都の護神 ラティアスラティオス

旅を続けるサトシ達一行は、水の都と呼ばれる美しい町、アルトマーレにやって来ていた。

サトシカスミはそこで行われる水上レースに参加する。その時ひょんなことからサトシ伝説のポケモンラティアス出会う。

博物館出会った少女カノンにこの町に伝わる御伽話を聞かされると、サトシはこの町に忍び寄る不穏を感じ取る。

アップでのキスシーンもこの作品が初である。このシーンに関しては、カノンに変身しているラティアスがしたのか本物のカノンがしたのかが話題になった

七夜の願い星 ジラーチ

1000年に1度、7日間だけ夜空に現れるという千年彗星がよく見えるポケモン遊園地を目指して来たサトシ達。着いた先は何もない平原で落ち込むサトシ達だったが、突然現れたトラック集団があっと言う間に巨大遊園地を作り上げる。

そこの人気マジシャンバトラーとその恋人ダイアンと親しくなるが、ダイアンの持っていた眠り繭の声をマサトが聴いた所から物語は展開していく。

「裂空の訪問者 デオキシス

ある日、宇宙から隕石が飛来し氷原に激突した。隕石の元へ駆けつけた観測隊のロンド博士たちが見たのは、DNAポケモンデオキシス」だった。そこへさらデオキシスを追って「レックウザ」が襲来。激しい戦いの末にデオキシスは敗れ、レックウザ天空へと帰ってゆく。その戦いのさなか、ロンド博士の息子であるトオイは戦いから逃げようとしたポケモンの群れの移動に巻き込まれ、それがトラウマとなりポケモンに触れなくなる。

それから4年後。ハイテク都市ラルースシティに到着したサトシ一行は、ひょんなことからトオイ出会う。トオイトラウマを克服させようとするサトシだったが、ラルースシティにデオキシスが出現し、レックウザもまたデオキシスを追ってくる。

ミュウと波導の勇者 ルカリオ

数百年前、オルドラン城は戦争に巻き込まれる危機に瀕する。城と運命を共にすると誓う女王の元から、その城に仕える波導使いアーロン弟子ルカリオの元へと立ち去るが、戦いが始まろうとしたまさにその時、世界のはじまりの樹に光が灯り、戦いは防がれるのだった。

現代に至り、アーロンは城を守った波導勇者伝説として語り継がれ、オルドラン城ではその年の勇者を決めるためのポケモンバトルの大会が催されていた。その大会へ参加したサトシは見事優勝し、優勝者にのみ握ることの許された「アーロンの杖」を手にする。すると突然杖に光が灯りアーロン弟子であったはずのルカリオが飛び出してきたのだった。

ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ

盗賊団「ファントムループ」を率いる悪名高い海賊ファントム」は、ある日海底で1つのタマゴを手に入れるが、忍び込んでいたポケモンレンジャーの「ジャックウォーカー」(ジャッキー)により奪われる。

一方、サトシ一行は旅の途中でポケモンと心を通わすことができるという今では数少ない水の民の一族の末裔ヒロミとその家族によるマリーナ一座に出会う。たまたま一座と旅を共にすることになったサトシ一行だが、旅の途中ハルカは偶然にも不思議に光るマナフィの卵を発見する。

実はマナフィの卵をファントム一味から守るため、ジャッキーが密かにマナフィと関わり深い水の民の末裔であるマリーナ一座協力の下、ピエロとして隠れながらマナフィの卵を育てていたのである

ハルカ不思議ポケモンの卵に興味を示すものの、マリーナ一座はこれを隠そうとする。しかしある晩、マナフィの卵の不思議な力により、ハルカはかつて水の民がポケモンとの親交を深めるために建造した海底神殿、「アクーシャ」へと導くことを運命付けられたまだ見ぬマナフィ不思議な夢を見る。

この神殿不思議感覚を覚えたハルカはこれをマリーナ一座に話したところ、衝撃の事実を知らされる。ポケモンと心を通わすことのできる水の民が誰でも1度は見るというこの夢にまつわる言い伝えを聞かされたハルカは、自らとマナフィ運命付けられた不思議なつながりに心をときめかせるのだった。

ディアルガVSパルキアVSダークライ

ヒカリポケモンコンテスト挑戦のため、断崖の町・アラモスタウンを訪れたサトシたち。しかし町では、100年前の天才建築家・ゴーディにより設計された庭園が何者かに荒らされる事件が起きるなど、町全体で異変が続いていた。

犯人として疑われるポケモン・"ダークライ"。その頃、町の象徴である「時空の塔」で町の異変を調査していたトニオは、ゴーディの日記に記された予言を読み、「神」と呼ばれしポケモン・"ディアルガ"と"パルキア"にまつわる悪夢が町に近づいていることに気づく。

ギラティナと氷空の花束 シェイミ

旅を続けるサトシ一行の前に、見たこともない小さなポケモンが現れる。それはかんしゃポケモンシェイミであった。グラシデアの花畑に行く途中迷子になったようで、自分を花畑に連れて行くようサトシ達に頼む。しかし、突如シェイミが鏡の中に引き込まれ、同時にサトシヒカリも引き込まれる。その先には、見たこともない不思議世界が広がっていた。2人は、そこでこの世界研究している"ムゲン"という科学者出会う。

彼によれば、そこは"反転世界"と呼ばれる別の世界で、現実世界とちょうど裏表のように存在する世界なのだという。さらに、その2つの世界を自由に行き来できるポケモン・"ギラティナ"が棲む世界であることを教えられる。

ムゲンの手助けもあり、何とか現実世界に戻ることができたサトシ達。しかし、そこへシェイミを狙って謎の青年・"ゼロ"が襲いかかる。

アルセウス 超克の時空へ

旅を続けるサトシ一行は、自然に囲まれた町・ミチーナに到着する。タッグバトルをしたトレーナーの案内で、遺跡に向かったサトシたちは、そこで時を司る神・ディアルガを呼び出す女性・シーナに出会う。

シーナからアルセウスについての言い伝えを聞いてた時、遂にアルセウスが長い眠りから覚め、人間を滅ぼそうと現れる。

神と呼ばれるディアルガパルキアギラティナをも圧倒するアルセウスの前に困惑していた時、ディアルガが自身の力でサトシたちを過去タイムスリップさせる。そこでサトシたちは言い伝えの人物・ダモスに会う。

幻影の覇者 ゾロアーク

スポーツポケモン・バッカーズ」のワールドカップが開かれるクラウンシティを目指していたサトシ達は、その道中でヤルキモノ集団に追い詰められていたポケモンゾロア出会う。ゾロアテレパシーを使い、「マァを助けに行く」とサトシ達に言う。ピカチュウ達の説得もあって、サトシ達はゾロアに協力する事を決め、ゾロアと共にクラウンシティへと向かった。

しかサトシ達がクラウンシティに着いた時、街の旧市街に繋がる橋が全て封鎖されていた。伝説のポケモンであるライコウエンテイスイクンが悪のポケモンゾロアークに操られて暴れているのだという。そこへ巨大企業コーダイネットワークの社長コーダイが旧市街に立ち入らないようにとモニターで勧告を出していた。しかし、その暴れているゾロアークこそがゾロアの探していた「マァ」だったのだ。

新聞記者のクルトの協力により旧市街に入る事ができたサトシ達は、そこで騒動の黒幕コーダであるという決定的な証拠を掴んでいく。その途中で一行はコーダイの罠にかかり捕まってしまうが、コーダイの秘書として潜入調査していたクルトの仲間・リオカに助けられる。

果たしてコーダイのその邪悪な野望とは。サトシ達はその野望を阻止できるのか。そしてゾロアは無事にゾロアークと再会できるのか? 今、ポケモン史上最大の"化かし合い"が始まる。

ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム

かつて大地の民の王国として栄えていた、大地の剣と呼ばれる城を中心にした街、アイントオークに訪れたサトシ達。アイントオークの収穫祭記念バトルに参加したサトシ達は不思議ポケモンビクティニ出会う。そこにビクティニのパワーで大地の剣を動かそうと企む大地の民の末裔ドレッドグランギルが現れるが、その影響はアイントオークにかつてない異変を齎すのであった。

ちょおぶんしんだ嗚嗚嗚


  
















































































































じつはwiiで書いちゃたりもする
















































                                  まだみてんの?