でむ

でむさんのプロフィール

北極海航海に二度いくほど海が好き。環境学修士。グラフィックファシリテーションを活用した対話の場、学びの場づくりを探求中。

プロフィール最終更新日:

はてなID
dem34
ニックネーム
でむ
一行紹介

北極海航海に二度いくほど海が好き。環境学修士グラフィックファシリテーション活用した対話の場、学びの場づくりを探求中。

自己紹介

でむ - 鈴木 さよ


(社) グラフィックファシリテーション協会認定プロフェッショナル

IFVPメンバー - International Forum of Visual Practionars

凸凹フューチャーセンター 共同代表

TAGAYASU 理系グラフィックファシリテーター

疑問に思ったことは自分の目で見て感じて確かめたい、と17歳でイギリスに1年間滞在、その後、北極海研究船に2度乗船する。メーカーにて働き方変革プロジェクトメンバーとして勤務した後、大学勤務の中で、グラフィックファシリテーション出会い、魅了される。これまでに300以上の現場経験し、現在は発達凸凹(発達障害)への活用を中心として、組織開発や対話の場づくりとしての活用法を探求している。北海道大学大学院環境科学院 修了。



Sayo SUZUKI

Professional of Graphic Facilitation

Membership of IFVP

I want to see what I wondered by seeing it with my own eyes, staying in the UK for 17 years at age one year, and then get on board the Arctic Ocean research vessel twice. Working at the maker Working as a change member After working as a project member, encountering graphic facilitation in college work, it is fascinated. Currently, we are exploring how to utilize it as a place of organization development and dialogue centering on utilization for development unevenness (developmental disorder). Master of Science in Global and Environmental Studies Hokkaido University, Japan