Dr.MASA/髙橋正秀

Dr.MASA/髙橋正秀さんのプロフィール

血管のこと、腫瘍のこと、そして何気ない日々のことの記録と記憶を記します。血管探索記 http://drmasa.hatenablog.com/

プロフィール最終更新日:

はてなID
drmasa
ニックネーム
Dr.MASA/髙橋正秀
一行紹介

血管のこと、腫瘍のこと、そして何気ない日々のことの記録と記憶を記します。血管探索記 http://drmasa.hatenablog.com/

自己紹介

ご来訪ありがとうございます


専門は腫瘍や外傷の血管塞栓治療、および動脈硬化性病変に対するカテーテル治療(脳、心臓を除く)。特に肝臓癌ビーズ治療、大動脈瘤テントグラフ留置術、四肢末梢の血管バルーン形成術。

カテーテルや針をX線透視超音波可視化しながら低侵襲治療組織採取生検)を行う、放射線科(Radiology)の一分野を"Interventional Radiology"と呼ぶが、適切な邦訳が無い。

日本ではIVRと呼ばれる。

哲学に興味があり、学問として難しく考えず、人間の有るべき姿を探求する手段として実践することを心がけている。特に、手術室などにおけるスタッフ間の意思疎通や、病院安全管理に関する哲学模索中。


医師医学博士 

IVR専門医放射線診断専門医 

腹部大動脈テントグラフ指導医(3機種)

1992 筑波大学医学専門学群 卒業

1992-1999 筑波大学附属病院 放射線科 レジデント

1999-2002 ドイツ ザールラント州立大学 放射線診断科 助手IVR臨床)

2002-2005 筑波学園病院 放射線科 科長

2005-2011  国立がん研究センター中央病院 放射線科 医員

2011-2012 奈良県立医科大学附属病院 病院助教

2012-2015 徳洲会グループ

2015- 東京医科大学茨城医療センター 放射線科 准教授(現職)

氏名

髙橋正秀

性別

男性

職業

東京医科大学茨城医療センター 放射線科准教授

生まれたところ

千葉県市川市

趣味

語学学習英語ドイツ語)・犬と遊ぶ・スキー剣道(4段)

特技

口笛上手。日本で初めて…を導入した、という治療実績が複数ある

言語

日本語英語ドイツ語