種田 成昭

種田 成昭さんのプロフィール

日本文化と寺社の間口を拡げ次世代につなげていく

プロフィール最終更新日:

はてなID
flucleseed
ニックネーム
種田 成昭
一行紹介

日本文化寺社の間口を拡げ次世代につなげていく

自己紹介

1986年1月20日大阪府八尾市跡部本町生まれる。

上宮太子中学高校在学中に多くの寺院子弟と知遇を得る。その後同志社大学において「人として豊かな経済成長」を研究テーマエコロジー経済学を専攻。

その間、自身が継ぐべき実家織物業廃業に追い込まれる。行き場を失った卒業後は暫く音楽スクール経営に携わり、アメリカボストンにも留学留学中の経験から日本の文化」をしっかり自分言葉で語れることが大切だという思いを強くし、一般学生向けの坐禅道場である長岡禅塾」での寄宿生活に入る。禅塾の日課である朝晩の坐禅に打ち込みながら、同志社大学大学院エコロジー経済学研究に入る。終了後も禅塾から葵祭「あおい」の歴史を伝えていく特定非営利活動法人「葵プロジェクト」の専従職員として上賀茂神社に勤務。

その後、人材コンサルティング業務提供する株式会社Celmに入社

コンサルタントとしてJR西日本大阪ガスなどの企業に対する人材開発事業従事する中で、仕事を共にしたマッキンゼーボストンコンサルティンググループ出身コンサルタントからの刺激も受け、起業を決意。

2015年株式会社Flucleを創業

株式会社Flucleについて】

日本文化」をビジネスとつなげ伝えていくという視点から寺社を使って企業向けの研修を行っている。また、このような研修文化スクール運営寺社と共同して行うことで、寺社に対する幅広いサポーターの構築を支援している。

寺社がより門戸を広く開いて行けるよう「寺社仏閣の一歩を踏み出すサポート」をテーマ活動を行っている。