カミハル

カミハルさんのプロフィール

本の感想と短歌。

プロフィール最終更新日:

はてなID
kamiharu
ニックネーム
カミハル
一行紹介

本の感想短歌

自己紹介

稀風社創設運営北海道大学短歌所属


【お知らせ】

2015年9月、第33回の現代短歌評論賞をいただきました。

2014年10月、未刊歌集『透明な幼稚園』をTwitterid:@kmhr_botに搭載しました。1日に2首ずつ投稿される予定です。

第14回文フリマ頒布した歌集さよならが来るのを待っている君へ』、現在全文無料公開しています

こちらへどうぞ。


ブログ

同人関係はこちらのブログ

『稀風社ブログ』

id:suzuchiuさんと「稀風社」という同人をやっています。主に短歌を詠みます

また、過去作や、読書感想なんかはこちらのブログにまとめています

『稀な晴れ-読書と短歌のブログ』

他、雑記録がひとつありますtumblrskypeアカウントもあります


【略歴】

2016年5月、第22回東京文学フリマに参加。『稀風社の貢献』頒布

2015年11月、第21回東京文学フリマに参加。『誰にもわからない短歌入門』頒布

2015年9月、「歌とテクスト相克」で第33現代短歌評論賞受賞(短歌研究社)。

2015年5月、第20回文フリマ東京に参加。『なぜ52進法は定着しないのか』頒布

2014年11月、第19回文フリマ東京に参加。『稀風社の薄情』『あたらしい遠足頒布

2014年10月、未刊歌集『透明な幼稚園』を発行。

2014年5月、第18回文フリマ東京に参加。『海岸幼稚園頒布

2013年11月、第17回文フリマに参加。『稀風社の薄情』頒布

2013年4月、第16回文フリマ(第1回文フリマ大阪)に参加。『稀風社の粉』頒布

2012年11月、第15回文フリマにて『稀風社の冒険頒布

2012年10月北海道大学短歌会入会。

2012年5月、稀風社として第14回文フリマに参加(初参加)。『さよならが来るのを待っている君へ』頒布

2012年1月雑記録として新ブログ『ミカミハルミ日記』

2011年4月ブログ名前現在の『稀な晴れ-読書感想短歌ブログ-』とする。

2010年6月29日短歌を詠み始める。筆名「三上春海」。

2010年4月ツイッターを開始。

2008年9月読書感想ブログ『稀な晴れ』作成


掲載情報

2016年

6月、散文「「過去」を読むことと「いま」読むこと」『短歌研究2016年6月号(特集短歌の「解釈」と「鑑賞」)

5月短歌「終わりとそのあとで」(30首)、評論穂村弘原論-不死から遍在へ」『北大短歌 第四号』(北海道大学短歌会)

4月、散文「命は信じられるか」『うた新聞2016年4月号「ライムライト」欄

3月、散文「もうすこし別の感情を言う(逆選の面白さ)」『短歌2016年3月号(特集:歌会に行こう)

1月短歌「名と叫び」(8首)『朝日新聞(夕刊)2016年1月5日

2015年

11月短歌青色本楽しいな」(10首)『短歌研究2015年11月号』

同上、鈴木ちはねとの共著『誰にもわからない短歌入門』(稀風社)

同上、小文「「現代短歌評論賞」を受賞して」『北海道新聞(夕刊)2015年11月27日

10月評論「歌とテクスト相克」『短歌研究2015年10月号』

5月怪文書を『なぜ52進法は定着しないのか』(稀風社)

同上、連作「光と婚約」30首、特集短歌性愛」の序文総論評論「〈現代短歌とは何だったのか」『北大短歌 第三号』(北海道大学短歌会)

2014年

11月連作「氷る月の世界で」7首、歌会録、散文「まだ歌人じゃないー石井さんについて」『稀風社の薄情』(稀風社)

同上、小説「愛はすべて、そしているか」『あたらしい遠足』(稀風社)

同上、散文「ハトポポコ漫画想像力言葉言葉、」『ネヲ 二号』

10月、未刊歌集『透明な幼稚園』を@kmhr_botに搭載。

9月小説「きみとひとりで暮らす」『ただいまサナトリウム』(だれにもわからない。)

5月短歌「かみはる幼稚園」50首『海岸幼稚園』(稀風社)

同上、短歌「まみかみん」7首『手紙魔まみ、わたしたちの引っ越し』(手紙魔まみトリビュート企画

4月短歌「みかみんの魔女っ娘☆短歌アンソロジイ」7首、「アパートセックスを」12首、「新潟を出て札幌で四年間農学部生として過ごした結果」30首、評論辺境暴力山田航」「北大短歌会の歴史に関するノート」『北大短歌会 第二号』(北海道大学短歌会)

2013年

11月、散文「こんなこともうやめようよ、と三上春海が言う」『稀風社の薄情』(稀風社)

同年同月、散文「でも これは僕の記録なのだ[十五巻p.200]」『ネヲ』

4月短歌西暦二〇一二三上春海短歌記録五〇首」50首、俳句冬鳥へ」32句『稀風社の粉』(稀風社)

同上、短歌「春と痛覚」30首、一首評『北大短歌 創刊号』(北海道大学短歌会)

2月短歌「μ」10首『現代短歌新聞11号』

2012年

11月短歌カレーライスの作られ方」20首、短歌「なんとなくわかりあうこと」20首、小説「失われていく子供達」『稀風社の冒険』(稀風社)

5月短歌さよなら装置」50首『さよならが来るのを待っている君へ』(稀風社)

性別

誕生日

6月10月

職業

大学院生(農)

住んでいるところ

北海道

趣味

読書短歌

ツイッター

アカウント

@kmhr_t

短歌bot

@kmhr_bot

Twitter http://twitter.com/kmhr_t
Tumblr http://kamiharu.tumblr.com/
Skype kamiharu_text