かずくず

かずくず's Profile

ProfileLast updated:

Hatena ID
kaz_the_scum
Nickname
かずくず
Self introduction

【現状】

リアルマダオに堕ちてしまった、雑魚労働者

言い訳余地は知見不足による新卒カードの選び間違えを含めてなく、能力不足と豆腐メンタル自己責任でここまで堕ちたクズ人間

現在IT派遣で週5働き、週末にタクドラ経験生かしてUberBlackドライバーやってます

最近人間扱いされるようになったので、少しずつ自尊心回復してきているのを感じてますが、もうそこを打った自尊心は戻らないね(笑)

時間の切り売り頑張っても、手取月給25~32万ですから、己の雑魚労働者っぷりに悲しくなります

マダオができるまで】

高校時代(神奈川県にあるそこそこの進学校)は高1,高2共に学内成績優秀者選抜合宿へ選ばれるなど、勉強にそこそこ打ち込むも、高校2夏のネット開通で一気に堕落し、低脳へと退化。

当然のごとく、大学受験で大失敗をしてしまい、結果FランAへ入学

馬鹿の癖に早稲田理科大しか受験しなかったので、浪人(勉強英語を少しするのみで、他は放置)して入るという、どうしようもない穀つぶしの片鱗を早くも見せる。

その後、学歴コンプの萌芽と共に底辺大学入学するも、ど田舎への片道2.5時間の通学に耐えられなくなり、3年後、2つ目のFランBへ編入学


A在学時には、セルフイメージが最低だったのだけれども、そこをハラサーにつけ込まれブラック企業奉仕する労働者のように無償奉仕をさせられてしまった。こいつは一生許さない。


編入後は、Fラン大学に在学しながらも、がむしゃらな就職活動資格取得と頑張った結果、売り手市場(2009年入社組)の恩恵もあり、4社より内定をもらう。

高学歴高校同級生への引け目を強く感じていたため、せめて稼ぎたいと強く思い、年収に惹かれた結果、誤って個人不動産売買仲介会社入社

学歴コンプが強くあったので、せめて収入では同級生に引け目を感じることがないように不動産営業職を選んだのだが・・・

最終的に精神が耐えられず、半年後に泣きながら、退職

転職活動の中、内定を蹴った会社の1社がホワイト企業だったときは、本当に自分の愚かさを呪って自殺しそうになった。

ホワイト企業転職会議での評価が4.3だったが、私が選んだ不動産会社は2.6という惨状(笑)

ホワイト企業内定者懇親会で、「30歳だと、既婚者子持ちで年収500万~600万程度かなぁ。」と言われ、それならば不動産営業で稼ぎたいと思ってしまった私は、本当にゴミムシのような頭の出来である

ネット口コミサイトをチェックするという行為すら行わなかった・・・

もう、愚鈍低脳にも程がある。

言葉もない・・・

その後はコールセンターで働いたり、デリヘルドライバーをしたり、キャバクラ経理をしたり、時には、薄給ルート営業をしながら、ルサンチマンを溜め込む数年が続く。

ただ、2012年倉庫で白目を剥きながらしゃにむに働いたら(生産性が平均の2倍程度)、底辺肉体労働者より徐々にランクアップし、最終的には、特殊OA精通していること、そして英語が多少できることもあり、ホワイトカラー正社員になれた。

しかし、厳しい現場KPIにらめっこしながら、管理する側に立ったことがなかったため、無力感給料泥棒としての罪悪感に押しつぶされ、1年後にまた逃げ出す。

AudibleKaizenやらSupply chain managementについての本毎日聴いたり、本も読んだりするも、自己嫌悪のあまり、発作的に逃げ出してしまった。

このようにして、根性なしで職歴が汚い29歳が出来上がってしまった。

もう雇われ人としては欠陥品なので、才覚も根性もない私は人生が詰んでしまったと言っても過言ではない・・・

そのため、退職後(2013年11月)には、意識高いクズらしく、パイプカット手術を受けた。

生殖家族についてはこれできっぱりと可能性を排除

元々素人童貞であり、そんな必要はないかと思うけれども、私と同じような考えなしの、特に楽天的過ぎるような底辺と何かの間違いでひっついてやらかししまったら、非常にまずい。

雑魚労働者馬鹿の癖に結婚して子供作ってひーひー言ってる輩のようになったら本当に死ぬしかない(笑)

マダオになってから(主にブルーカラー時代)】


正直、私の人生はもう惨め過ぎて、死んでもいいレベルなんだけれども、弟が夭折しているので、私が死ぬわけにもいかず、「生きたくもなければ死にたくもない」という状態に陥りました。

生きるために、リサイクル工場で働いたり、短期バイトをこなしながらまともな仕事を探すも、結局無駄骨に終わり、2015年からは男の底辺職の代表であるタクドラに・・・

最初の1年は楽しかったのだけれども、既得権益(白タク排除など)で守られているクソ業界で働くことへの申し訳なさ、底辺労働者であることに起因する恐ろしいまでの自尊心低下、そしてクソ客耐性のなさから、まともに乗務することができなくなり、2017年12月所属会社初の契約打ち切り

その後は、タクドラ時代から二足の草鞋でお世話になっていた清掃会社で清掃作業員として月29~33シフトをこなす日々を送るも、クソ社長と揉めてしまい、次の仕事が決まる前に辞めることになりました。

タクドラ兼業(タクドラを辞めた後は専業)時代から、約一年半働いてきましたが、こんなくだらないことで終止符を打つことになるとは思わなんだ。

まさか、月にこれだけ働いているにも関わらず、「お前に有休はない。」と有休申請拒否されるとはね。

社労士テキストを引っ張り出しながら労働基準法存在を伝え、さらに「有休をくれないなら労基署に行くぞ。」と訴えたことで有休はフルでゲットしましたが、それがクソ社長の不興を買ったようで、シフト数を大幅に、生活できない程度にまで減らされました。

その嫌がらせに他の社員を巻き込んで抵抗したのですが、私の多少強い姿勢会社が驚き、退職金を30万程くれたので、結局、それで手を打ちました。

清掃業界って、大手商業施設管理している大手以外はブラックしかないので、これでも相当恵まれているんですよ。

ダブルシフトトリプルシフトが当たり前ですから(笑)



マダオになってから(派遣社員+タクドラ時代)】

2018年8月30日最後シフトを終えた後は派遣事務職を探しましたが、年齢的に時間の切り売り一般事務はもう厳しいと思いなおして、方向を変え、なんとか10月より、IT系仕事に就くことができました。

ただ、実際に引き継ぎを受けたのは、結局一般事務と大差ない仕事・・・マックジョブ

電話対応であること、オフィス環境が良好なことは救いですが、仕事自体はまぁ、時間の切り売りです。

キモカネおっさんトラックにずぶりとはまっております

それだけで生きていければいいのですが、収入的に厳しいため、副業としてUberBlackドライバーとしても働き始め、法人タクドラ2.5年のしょぼい経験と2種免許インチキ外国語能力活用して、羽田空港国際線メインで仕事

このまましばらくこの生活を続けようかと思っておりましたが、UberBlackドライバーとして所属してた会社Uber部隊を縮小するこになったため、2019年4月から普通タクシーに乗ることになりました。

Gender

Age

34歳

Blood type

A

Place of residence

首都圏

Place of birth

地方都市

Hobbies

靴磨き、語学学習資格学習、基礎学力養成バイク・車、自転車海外ドラマ海外映画鑑賞

Special skills

靴磨きと書きたいところだけれども、brifhなどで磨いてもらったもの比較すると、アマチュアとしても下手過ぎてそう記せない。

Languages

英語(B2C1)、中国語(A0)、韓国語(A0)、スペイン語(A1)、フランス語(A0)

http://eigoryoku.nhk-book.co.jp/cefr.html

資格

宅建(主任者証交付済)、管理業務主任者(2014年合格)のため、マンション管理士まで合格したい。

行政書士やら社労士にも興味があるので、そういったのもちらほらとやっていきたい。

語学系は具体的な資格よりは、本当に学習セラピーとして楽しんでやりたい。