honjokura

honjokuraさんのプロフィール

戸谷正夫建築設計事務所と本庄宮本・蔵の街

プロフィール最終更新日:

はてなID
mt2129
ニックネーム
honjokura
一行紹介

戸谷正夫建築設計事務所本庄宮本・蔵の街

自己紹介

「戸谷正夫建築設計事務所


沿革

1993/01  戸谷正夫建築設計事務所東京都新宿区にて設立、1994埼玉県本庄市移転

2004/05  有限会社 戸谷正夫建築設計事務所 に改組


概要

 会社名:有限会社 戸谷正夫建築設計事務所

 代表取締役 戸谷正夫(1級建築士 第164478号、定期講習済平成27年3月5日

 事務所登録一級建築士事務所(1)第10347号、平成23年9月22日埼玉県登録

 管理建築士:戸谷正夫(平成21年12月16日講習修了、番号:第092D-19033Y号)

 従業員数 1名 (構造設計設備設計等は協力事務所担当

 パートナー事務所:(株)アトリエ リガ テ 都市建築計画 他

 建築家賠償責任保険加入(株式会社 損害保険ジャパン

 資本金 ¥3.000.000.-

 取引銀行埼玉りそな銀行群馬銀行東和銀行

 所在地事務所〒367-0054 埼玉県本庄市千代田4-2-4 一の蔵

 電話:0495-24-6683.FAX:0495-24-6738

 Email:tmaa@catnet.jp


業務内容

 建築設計、監理(意匠設計、統括)

 家具デザイン製作

 都市地域計画に関する企画調査設計

 まちづくりサポート

 上下水道計画



主宰プロフィール

戸谷 正夫 とやまさお

工学院大学大学院修士課程修了(建築学

一級建築士 第164478号(定期講習済、平成27年3月5日

事務所登録一級建築士事務所(1)第10347号、平成23年9月22日埼玉県登録

公益社団法人日本建築家協会(JIA)会員(埼玉地域幹事

埼玉県共助の取組マッチング事業専門家埼玉県

埼玉住宅紛争審査紛争処理委員埼玉弁護士会委嘱平成16年平成28年

埼玉県被災建築物応急危険度判定講習受講修了

有限会社 戸谷正夫建築設計事務所  代表取締役

主な作品

住宅/「Tu邸」 「Ku邸」 「Ka邸」 「Si邸」

医療施設/「Ku内科」「Toひふ科」「Sa産婦人科」「Ii耳鼻咽喉科」「He眼科

別荘/「villa-nord」「Ka別荘」「Ya別荘」

集合住宅/「K-flat」「追分ハウス1」「軽井沢水辺の計画

店鋪併用住宅/「photo-EGG」「No理容所」「coifure-matsudo」 「Ku新聞店」

オフィス/ 「Kyo行田工場オフィス」「Ca本社」「Kコンサルオフィス

工場/「O製作神川工場」「Sテック岡部工場1期、2期」


教育,社会活動

1987/04  中央工学建築学非常勤講師(~1987/9)

1993/04  東京工科専門学校インテリア非常勤講師(~2001/3)

2003/10  ものつくり大学,JIA埼玉ものつくりパートナーシップ環境形成」シンポ、パネラー

2004 財団法人本庄国際リサーチパーク研究推進協議会環境共創まちづくり大学講師

2005 財団法人本庄国際リサーチパーク研究推進協議会まちづくり大学」全体コーディネート

2006 財団法人本庄国際リサーチパーク研究推進協議会まちづくり大学」全体コーディネート

2007  市民によるまちづくりグループ本庄まちNET」代表(2007~)

2008 熊本大学工学部まちなか工房於「本庄まちNETと早大佐々木研究室との連携」報告

2008 平成20年文化庁文化芸術による創造のまち」支援事業講師深谷市

2010 埼玉県立近代美術館主催 近現代建築探検ツアー本庄市児玉) 講師

2010 国土交通省 国土交通大学校 都市行政研修本庄宮本・蔵の街PJ報告) 講師

2010 早稲田大学本庄まちなか環境研究報告会 パネリスト

2011 本庄早稲田の杜まちづくりプロジェクト委員会委員(2011~)

2011 国土交通省 国土交通大学校 職員研修本庄宮本・蔵の街PJ報告) 講師

2012 国土交通省 国土交通大学校 職員研修本庄宮本・蔵の街PJ報告) 講師

2012 埼玉県立近代美術館主催 近現代建築探検ツアー本庄市) 講師

2013.7 国土交通省 国土交通大学校 景観・屋外広告物行政研修本庄宮本 蔵の街PJ報告) 講師

2013.11 埼玉県深谷市市民まちづくり講演会パネリスト

2014.1 土木学会ワンデイセミナー地域景観まちづくり理論実践を探る」事例報告

2014.7 国土交通省 国土交通大学校 景観・屋外広告物行政研修本庄宮本 蔵の街PJ報告) 講師

2014.11 全国町並み保存連盟関東ブロック会議in行田 (本庄宮本 蔵の街PJ報告) 事例報告

2015.1 日本建築家協会 関東甲信越支部 住宅部会主催 住宅セミナー暮らしたい街は自分でつくる」講師

2016.7 国土交通省 国土交通大学校 景観・屋外広告物行政研修本庄宮本 蔵の街PJ報告) 講師

2016.9 早稲田大学大学院環境エネルギー研究科演習パートナー

2017.4 早稲田大学大学院環境エネルギー研究科演習パートナー

2017.5 埼玉県 第1期へリテージマネージャー養成講座講師埼玉建築士会

2017.7 国土交通省 国土交通大学校 景観・屋外広告物行政研修本庄宮本 蔵の街PJ報告) 講師


特集/すまいの健康と塗り壁

生石灰クリーム現場から」 左官教室 1997/7no493

ここまで知りたい[自然素材活用術 

生石灰クリーム(外装編) 建築知識 1998/9no501

埼玉発、建築見聞録28.29 全国教新聞 2002/3/1、15

[建材・設備ピカイチ図鑑 建築知識 2002/5no554特別付録

設計監理SOS「リフォーム工事トラブルの周辺」

建築ジャーナル2006/1no1098

地域再生人口減少時代地域まちづくり」事例執筆 日本評論社 2013/8

東京住宅地」事例執筆日本建築学関東支部住宅問題専門研究委員会 2014


受賞歴

日新工業建築設計競技 佳作 (1977)

バスルーム21」公開アイデアコンペ 佳作 (1987)

都民の家」設計競技 佳作 (1987)

セントラルガラス国際建築設計競技 佳作 (1977)

「大地に環る住宅設計提案競技 優秀賞 (2000)

JIA関東甲信越支部大会地域に根ざす建築作品活動カタログ2016 「まちづくり委員会賞」本庄宮本蔵の街 (2016)

JIA関東甲信越支部大会地域に根ざす建築作品活動カタログ2016 「地域特別賞」本庄宮本蔵の街 (2016)




本庄宮本 蔵の街」

日本橋より80Km、関東平野北西部位置する埼玉県本庄市利根川を渡ればもう群馬県中山道宿場町として栄え、明治大正昭和初期と養蚕業で栄えたこの街に、明治43年問屋小森商店」が開業明治12年に建てた蔵をはじめ、大正10年に2階建ての煉瓦蔵を建て増し、平成の21年まで酒問屋として中山道重厚な姿を見せていた。その後、酒問屋廃業を機に、まちづくり市民グループ本庄まちNET」の保存運動が発端となり、その活動メンバー事業化、平成22年敷地全体が「本庄宮本・蔵の街」として新しいコミュニティー誕生。一の蔵は(有)戸谷正夫建築設計事務所が、二の蔵にはカフェ・NINOKURAがそして三の蔵には行政書士高橋環境法事務所が入居した。そのほか6世帯家族まちづくり共感し集まりさら本庄まちNETなどの市民グループ活動拠点としてコミュニティーに参加している。

問合せ等は下記まで。

〒367-0054 埼玉県本庄市千代田4-2-4 一の蔵

戸谷正夫建築設計事務所

電話 090-5564-3367 FAX 0495-24-6738

E-mail:tmaa@catnet.jp