平和を愛する世界人

平和を愛する世界人さんのプロフィール

観光立国日本のおもてなし民泊 One Global Family House 平和を愛する世界人たちの文化交流日記

プロフィール最終更新日:

はてなID
shinzoiwata
ニックネーム
平和を愛する世界人
一行紹介

観光立国日本おもてなし民泊 One Global Family House 平和を愛する世界人たちの文化交流日記

自己紹介

名古屋小学校で8年間、教育現場情熱を注いだ。子どもたち一人一人の努力や成長に感動し、親や地域の方々や先輩、同僚、後輩、そして子どもたちから多くを学んだ。様々な葛藤にともに涙し、失敗もした。挫折も味わった。はじめて担任したクラスに当時の韓国現代自動車名古屋支店長の娘さんがいた。はじめは日本語もままならず苦労していた、弟は毎日日本の子どもとの誤解から喧嘩ばかりしていたのを思い出す。自分だったらたった一人世界に出たらやっていけるか自問した。日本人としてだけ育ってきた自分の器や教育力の限界を感じて、いずれ世界を見て、今後の世界人としての生き方世界渡り合える器と教育のあり方を身につけようと10日本教育現場修行した後、一念発起し退職した。その後、韓国大学院アメリカ大学院教育現場世界文化教育宗教など比較研究しながら駆け回ってきた。韓国語英語日本語が飛び交う韓国アメリカ教育現場で揉まれて15年あまり、今わたし日本人から世界人へ脱皮しつつあると自覚している。21世紀を迎え、世界教育(世界市民教育、Global Citizenship教育)を各国の公民教育社会教育の中に普及させ世界平和に貢献する新世紀の真なる国際教育家庭教育が急務となってきているとも思う。国境文化宗教人種、性別の違いによる壁を克服したり様々な難題を解決したり、協力しあったり、現実課題と格闘しながらも平和をつくりあげ解決策を導き出す原動力でありつづけたいとひそかに地道に情熱を燃やしつづけている。小さなところからは、夫婦平和を導く夫として、家庭の平和を導く親として、新世紀の真なる日本人としての愛と知恵はいずれは世界平和を牽引していく基礎となると思う。また戦争被害も加害も経験した日本人からこそできることがあると思っている。その平和を導くひらめきを日記に書きとめる。平和を愛する世界人(新世紀真なる日本人)としての成長への挑戦記録。2015.4.13 まずは、第一弾「世界平和の源泉~永遠夫婦愛と親の愛でひもとく韓国日本関係、そのいくべき道~」と題して日記として連載開始します。韓日日韓関係改善問題解決視点独島竹島問題解決視点など世界人としてのひらめきをつづります

第二弾としては新観光立国論に立脚してのOne Glabal Family House民泊立ち上げまでを綴ります

氏名

岩田 真三

性別

男性

年齢

50

誕生日

1967年2月15日

血液型

AB

職業

観光平和大使

言語

韓国語英語日本語