矢幡洋

矢幡洋さんのプロフィール

臨床心理士・ノンフィクション作家・TVコメンテーター

プロフィール最終更新日:

はてなID
yahatayo
ニックネーム
矢幡洋
一行紹介

臨床心理士ノンフィクション作家TVコメンテーター

自己紹介

数字と踊るエリ-娘の自閉症をこえて』(講談社)が講談社33ノンフィクション賞の最終候補6作に残ったのですが、立花隆先生野村進先生に支持していただきながら、最終選考次点位置で落ちました。なので、「ノンフィクション作家」と名乗ってもいいんじゃないかと思うのですが・・・

 最新作『病み上がりの夜空に』がマイ・ベストです。家内若い不登校や解離障害で精神病院を引き回された話まで書きました(もちろん、本人に全て目を通してもらって了解を得ています)自著は40冊以上になりました。自著のリストは僕のウィキペディア項目に一覧を書いていただいているのでご参照ください。http://ja.wikipedia.org/wiki/矢幡洋

 12年ぐらい前からテレビに出始めました。事件コメンテーターヴァラエティ番組、両方に顔を出しています事件コメントとしては、秋田児童連続殺人事件酒井法子覚醒剤事件最近のものでは佐村内・小保方さんの事件など)に出演しました。昔はけっこうスタジオ生出演させていただいたんですが、最近は深夜にテレビ局内でVTR撮影することが多いです)

 継続的に出たヴァラエティ番組としては、『スパスパ人間学』などがあります最近のものでは、「ナカイの窓」第一期レギュラーコメンテーター、<第2期は不定期>「有吉ゼミ」<今のところレギュラーメンバーですが、今後どうなるかはよくわかりません>。タレントでもなく、TV本業ではありませんが、仲居さん、有吉さんとタイプの異なる方を定期的にウォッチングできたのは、いい体験でした。

 申し遅れましたが、仕事臨床心理士です。最初精神病院の心理臨床業務から始めました。病院倒産してしまい(120人近い入院者を全員転院させて病院まっさらにして終わりというもので、すさまじい体験でした。そのノンフィクションは一つのブログで連載しています)、やむなく企業付属研究所に移って、ストレスマネジメント研究に7年ほど従事しました。特に専門的にやったものは、統合失調症パーソナリティ障害理論・解決志向セラピーなど・・・なかなか定まりませんでした。現在では、自閉症発達心理学哲学社会学認知言語学脳科学など様々な方向から研究しています

 ものすごく変則的人生になってしまったので、非常勤講師東洋大学西武文理大学)をトータルして10年近くやりましたが、大学人にはなれずじまいです。今は大学主催市民講座の講師をしているだけです。

 ブログテーマ別に14個(ぐらい)作りましたので、どれかと接点があるとお持っていただければ嬉しいです。

氏名

矢幡洋

職業

臨床心理士ノンフィクション作家TVコメンテーター

ホームページ 1 http://www.yahata-sinri.com/

好きなもの