経営するプログラマー

Profil de 経営するプログラマー

零細IT企業を経営しながら自らコードも書いています。

ProfilDernière mise à jour:

Nom d'utilisateur
経営するプログラマー
Description

零細IT企業を経営しながら自らコードも書いています。

Self introduction

その昔(三十数年前)、PC-8801という当時高価なパソコンに憧れるも、母子家庭で貧乏生活を余儀なくされている中、友人から長期で借りていたFamily Basic、MSXでプログラミング(BASIC)に目覚める。

高校に上がって間もなく、突然姿を現した、死んだ筈の親父にPC-8801を買って貰い、ファルコムのゲームに嵌る日々の中、「マシン語」という謎の言語を極めれば、自分で市販レベルのゲームを作れるらしいとの噂を聞きつけ、独学を開始する。インターネットが無い中、秋葉原の本屋に足しげく通い、アスキーやソフトバンクの本にお世話になりながらも、内容が意味不明過ぎて挫折しそうに・・・。

自分の能力の無さに打ちひしがれている中、日高徹師匠の「マシン語ゲームプログラミング」という神本に出会い、続くサウンドプログラミング、ゲームグラフィックスを習得し、ついに、ゲームプログラミングできる実力を身に着ける。

しかしここで、重大な事実を思い知る事になる。

「プログラミング技術だけでは、ゲームを作れない・・・」

優れたシナリオ、グラフィックス、サウンド、音楽、それらをクリエイトできなければゲームは作れない・・・。そこで、小説家志望、漫画家志望、その他の知り合い面々をかき集めてゲーム制作を開始するも花開かず、その後、様々な経緯を経て、大きなITベンダーに就職、結婚もして、順風満帆な人生を送る筈だった。

が、その数年後・・・。

義理の父からの強い勧めで、義父&友人数名とIT企業を立ち上げる事となり、右も左もわからぬまま専務取締役として経営の世界へ。

「ああ、早く大金入って来ないかなぁ」と日々、技術習得に明け暮れる私・・・。

それから数カ月たったある日。

「お前等、いい加減仕事取って来い!!」

事務所に響く義父の怒号・・・。

何!?仕事って、技術者(俺)が取ってくるの!?

何とかせねばと思いながらも、システム開発の事しか知らない私。

とりあえず、色々な所に飛び込んでみる・・・。

「あのぉ、近所でIT会社やってるんですが、何か仕事ないですか?」

・・・取れない・・・。

一人、また一人と、会社を去っていく(去らざるを得なくなる)友人達。

そしてついに、専務だった自分も会社を去る事になり・・・。


以前勤めていた会社の先輩から復帰を勧められるも、今度はフリーランスとして頑張る事に。

とても良い出会いに恵まれ、充実したフリーランス生活が数年続く・・・。

しかし日々、心のどこかで燻る口惜しさ。

「自分で作った会社を自分で立ち上げられなかった・・・」

そんな思いがあり、フリーランス生活の傍ら、経営というものを知るために「中小企業診断士」の資格試験勉強を開始する。通信教育で勉強を進め、2度目の挑戦でようやく1次試験を突破。しかし、続く2次試験(論文)で挫折・・・。フリーランスが忙しかった事もあり、ここで診断士取得を一旦保留(60位になったら再度挑戦しようと)。

そんな姿を知ってか知らずか、

「お前はまだ、この会社の専務だ。いつでも戻って来い。」

という義父の言葉。

その後、私は会社に戻り、今現在、社長をやっております。


ITのスペシャリストである私が、営業や経営をまったくわからなかったように、

特定分野のスペシャリストであられる中小企業の方々は、ITについてわからず困っているのではないか?

技術力に優れた日本の中小企業にこそ、強力なITパワーをどんどん注ぎ込んで、世界に通用する発信力、ブランド力等を醸成して貰う事で、「強いニッポン」を取り戻すべきではないか?

※今の疲弊した日本に、自分たちの子供を置き去りにしたくない・・・

図らずとも、様々な経験(90%失敗)をしてきた自分だからこそ、できる事があるのではないか?

という想いを持って日々、頑張っています!!

ブログでは、「中小企業でITを活用するためのヒント」を発信することで、少しでも、日本経済発展のお役に立てればという想いで運営していきます。

Full name

関 慎太郎

Sexe

Age

49歳

Birthday

1974年1月24日

Blood type

B型

Occupation

プログラマーと会社経営

Place of residence

宮城県大崎市

Hobbies

釣り(サーフジギング)と車いじり(運転も)、そして料理