長谷川 寛映

Profil de 長谷川 寛映

Musikverein Geigen Kurs  ( ムジークフェライン ヴァイオリン教室 ) の紹介です

ProfilDernière mise à jour:

Hatena ID
hiromitsu_hasegawa
Nom d'utilisateur
長谷川 寛映
Description

Musikverein Geigen Kurs  ( ムジークフェライン ヴァイオリン教室 ) の紹介です

Self introduction

ヴァイオリンの略歴

4歳半よりヴァイオリンを始める。 才能教育スズキ・メソードヴァイオリン部門・全課程を修了する。 昭和音楽大学では、川上久雄氏(元NHK交響楽団コンサートマスター昭和音楽大学名誉教授)に師事。

2007年及び2009年にはドイツケルン音楽大学教授Albrecht Winter氏のもとで研修する。室内楽オーケストラでは、菅野博文・豊田耕児の両氏に師事。

東京国際芸術協会主催、第40回TIAA全日本クラシック音楽コンサートサントリーホールブルーローズ(小)にて演奏。その他、多数の演奏会に出演。

現在茂木公史氏(桐朋学園大学卒業/ケルン音楽大学修士卒業/N.Yジュリアード音楽院留学/元大阪シンホニカー交響楽団コンサートマスター)に師事。

また、「夢オーケストラ」にてヴァイオリニストの梅沢和人氏(元大阪フィルコンサートマスター)に指導を受ける。同オーケストラ指揮者である田中一嘉氏に厚い信頼を得ている。

演奏依頼は、大歓迎で御座います。体験レッスンは、随時行っております。ご希望の方は、お気軽に御連絡下さい。

教室ホームページ

http://musikverein-hasegawa.com/index.html



才能教育スズキ・メソードの略歴

2006年、才能教育ヴァイオリン科 全課程を終了する。

2002年に第50回・武道館でのグランドコンサートに出演。オーケストラ団員としてベートーベン作曲 <プロメテウス創造物>Op43より序曲、メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリンコンチェルト 第3楽章演奏

また、モーツァルト作曲 セレナーデ 第13番 <アイネ・クライネ・ナハトムジーク> 第1楽章演奏。全合奏では、バッハ作曲 ドッペルコンチェルトヴィヴァルディ作曲 a mollコンチェルト第1楽章演奏する。 

2002年松本での夏期学校に参加し4日間に渡り指導を受ける。

ソリストクラスでは、メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリンコンチェルト指導を受ける。

また、オーケストラクラスでは、ドヴォルザーク作曲 弦楽セレナーデ指導を受ける。

2001年から2007年にかけて、度重なる古谷クラスによる発表会に出演する。

メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリンコンチェルト第1楽章、ヴィターリ作曲 シャコンヌモーツァルト作曲 ヴァイオリンコンチェルト第5番 第1楽章クライスラー作曲 シシリアーノとリゴードンベートーベン作曲 ヴァイオリンコンチェルト第1楽章 <クライスラーカデンツ付>を演奏する。

川口リリア(中ホール)、国立オリンピック記念青少年総合センター(小ホール)、ノクティホールが会場。

2003年5月アンサンブルミューズの団員としてスズキ・メソード主催 アンサンブルフェスティバルに出演し、ラヴェル作曲 マ・メール・ロアより「眠りの森の美女パヴァーヌ」「妖精の園」・ドボルザーク作曲 スラブ舞曲Op72 - 2を演奏する。

2006年及び2008年スズキ・メソード国際音楽院指導を受ける。