おやじスカラー

おやじスカラー's Profile

2017年12月より、ブログの一般公開を再開

ProfileLast updated:

Hatena ID
oyajisculler
Nickname
おやじスカラー
Description

2017年12月より、ブログ一般公開を再開

Self introduction

氏家 祐二 (横浜市まれ現在平塚市民、妻子あり)

1979年 神奈川県平塚江南高校卒業高校までは水泳部

1979年 東京大学入学理科I類)漕艇部に入部

1980年 2年生:

  1. 東商戦対校1X 優勝
  2. 全日本軽量級1X 3位(新田堀内氏に敗北)
  3. 全日本大学選手権8+(4番) 3位(東北、明治に敗北)
  4. 全日本選手権8+(4番) 5位(世界選手権帰りの東大軽量級クルーが優勝=2連覇)
  5. 全日本新人選手権1X 優勝

1981年 3年生:

  1. 東商戦対校8+(4番) 優勝
  2. 全日本軽量級8+(4番) 予選後本人は風邪で欠場、代漕が乗った東大クルーは優勝
  3. ミラノ国際学選手権8+(4番) 優勝(1000m & 2000m)
  4. スイスルツェルンレガッタ軽量級8+(4番) 予選敗退
  5. 全日本大学選手権8+(4番) 優勝
  6. 全日本選手権8+(4番) 優勝(3連覇

1982年 4年生:

  1. 東商戦対校8+(整調) 優勝 (東大は全種目で優勝)
  2. 全日本軽量級8+(整調) 優勝
  3. ミラノ国際学選手権8+(整調) 2位(1000m & 2000m)(ハノーバー大に敗北)
  4. アジア大会選考会4+(整調) 1位
  5. 全日本大学選手権8+(整調) 優勝
  6. 全日本選手権8+(整調) 優勝(4連覇)

1983年 東大工学部船舶工学卒業三菱重工業入社三菱艇庫で漕艇活動開始

  1. 全日本社会人選手権4-(整調) 優勝
  2. 全日本選手権1X 準決勝敗退(練習不足で決勝進出ならず)

1984年 社会人2年目:

  1. 香港ロイヤルレガッタ1X 2位(中国選手に敗北)
  2. 全日本軽量級選手権1X 2位(堀内氏に敗北)
  3. 全日本選手権4-(整調) 2位(中大に敗北)

1985年 社会人3年目:

  1. 全日本社会人選手権4-(整調) 3位(マツダに敗北)
  2. 全日本選手権4-(整調) 優勝

1986年 社会人4年目:

  1. 全日本社会人選手権2-(整調) 優勝
  2. 全日本軽量級選手権4-(整調) 優勝
  3. 世界選手権大会4-(整調) 予選・敗復落ち(英ノッチンガム)

1987年 社会人5年目:

  1. 全日本社会人選手権2X(整調) 2位(岩槻兄弟に敗北)
  2. 10月に長崎へ転勤、結婚

1988年 社会人6年目:

  1. 秋に長崎大学医学部コーチとなる(2年半)

1991年 

  1. 4月に本社(東京)へ転勤、三菱BCで一時漕手に復帰
  2. 全日本社会人選手権4-(整調) 3位(東京トヨペットツムラに敗北)
  3. 9月に東京大学漕艇部のヘッドコーチとなる(3年半)

1992年 東大ヘッドコーチ1年目(以下、東大クルー戦績):

  1. 4月:米国ワシントンDC 桜祭レガッタに東商両校エイト遠征米国大学クルーに完敗。一橋には勝利
  2. 東商戦(5月):対校エイト以下全レース東大クルーが優勝
  3. 全日本軽量級(5月):8+:4位、4-:4位、
  4. インカレ全日本その1(6月):2+:インカレ2位全日本4位、
  5. 京大戦(7月、瀬田川):8+:優勝
  6. インカレ全日本その2(8月):8+(#1):インカレ準決落ち、OX8+(#2):3位、4X:全日本6位、
  7. 新人戦(10月): 8+:敗復落ち

1993年 東大ヘッドコーチ2年目(以下、東大クルー戦績):

  1. お花見レガッタ(4月): 8+: 3位
  2. 東商戦(5月): Jr8+以外の種目は全て優勝
  3. 全日本(6月): 2+:2位、4-:7位、8+:8位
  4. 全日本軽量級(7月): 4-:6位、8+:6位
  5. 東日本(7月、1500m):8+ 優勝
  6. 京大戦(7月、戸田):4+:負け、8+:負け
  7. インカレ・OX(8月):2+:3位、8+:4位、OX8+:準決落ち
  8. 新人戦(10月芦田川):8+:6位

1994年 東大ヘッドコーチ3年目(以下、東大クルー戦績):

  1. お花見レガッタ(4月): 8+: 準決落ち
  2. 東商戦(5月): Jr8+、対校1X以外の種目は負け
  3. 全日本(6月): 4X:7位、2+:3位、8+:4位
  4. 全日本軽量級(7月): 4-:6位、8+:2位
  5. 京大戦(7月、瀬田川):4+:優勝、8+:優勝
  6. 東日本(8月、1000m):8+:2位
  7. インカレ・OX(8月):2-:4位、4-:4位、4X:6位、4+:6位、8+:準決落ち、
  8. 新人戦(11月):8+:6位

1995年 東大ヘッドコーチ4年目(以下、東大クルー戦績):

  1. 1995年3月末まで東大HC, 4月に長崎転勤のためHCを三浦氏バトンタッチ。5月に行われた東商戦では、東大が対校3種目で優勝。
  2. 長崎大学医学部ボート部のコーチに戻る(8年)

2003年

  1. 春に本社転勤、(平塚市に自宅を建てる)
  2. 京大戦40代OBレースに出場(整調) 優勝
  3. Head of the Seta 8+(4番)出漕

2004年

  1. 東商戦40代OBレース(2番) 優勝
  2. 京大戦40代OB2マイルレース(整調) 敗北(対校戦で初の敗北)
  3. 全日本社会人選手権40代1X 2位(田部氏に敗北)
  4. 三菱レガッタ40代1X優勝(1'55")、40代KF(整調)優勝(1'57")
  5. 相模湖レガッタ1X 準決勝で敗退
  6. 第一回ワセダレガッタマスターズ8+(LBRCクルー整調) 優勝
  7. Head of the Seta 40代1X 7秒差で2位(35'54") LBRCの8+は31'24"
  8. 東大学部レース大会の2000m招待エイトレース(LBRCクルー整調):2位(生タイム7'10") (計測生タイムでは6秒差で勝ったが、パルテ会とのHCP差が8秒あり、HCP修正後タイムで2秒差の負け。濃青会には16秒差で圧勝

2005年

  1. 全国マシンローイング大会40代重量級 4位(7分3秒8=自己ベスト更新)
  2. お花見レガッタ2X(整調)C-Final (3'38")
  3. 東商戦40代OBエイト(整調)優勝
  4. 戸田レガッタ1X 敗復落ち
  5. 全日本選手権1X 敗復落ち(予選で8'22")
  6. 東京都国体予選1X 予選落ち(4'04")
  7. 京大戦OB2000Mエイト(整調)優勝(7'04"-H'cp16"=6'48")(1秒差の2着でゴールするも、Hcp差が15秒あり、差し引き14秒差で圧勝
  8. 全日本社会人選手権40代1X 決勝5位(予選で3'28",矢地氏、松本氏、岩波氏、佐藤氏に負け)
  9. 三菱レガッタ40代1X 優勝(1'52"), 40代KF(整調) 優勝(2'01")
  10. 谷古盾マスターズ8+(360歳以上の部、整調) 独漕で優勝(1'36")
  11. 全国マスターズ45歳以上1X 優勝(3'57")、 8+(整調) 優勝(3'40") (決勝は荒天の為に中止。前日のTTレースを決勝とみなした)
  12. (Head of the Setaは不参加)
  13. ワセダレガッタ マスターズ8+(整調) 優勝(予選:1'36"0-H'cp4"4=1'31"6)
  14. 東大学部対抗レガッタ:OB招待レース(2000m) 8+(整調)優勝 (7'04"-HCP3"=7'01": 逆風吹き、7分切りならず)

2006年

  1. 全国マシンローイング大会40代重量級出漕:7分切り達成(6分55秒6:ベスト記録更新)
  2. 1月22日:LBRCエイト荒川日帰り遠漕の50kmを漕破
  3. お花見レガッタ8+(整調):予選(3'19") C-Final (3'24")
  4. 早慶戦 東商OB 1000mレース8+(整調):優勝(2L差)
  5. 東商戦 OB2000mレース8+(整調):平均24歳の四神会に敗北(1.5L差、年齢HCPベースでは勝ち)
  6. 戸田レガッタ1X:準決勝進出、(予選で3'50":順風)
  7. 諏訪湖レガッタナックルフォア500B優勝(平均年齢50歳以上、1'55":斜め順風)
  8. 全日本選手権1X 2000m予選出漕(逆風の中、9分超過)
  9. 谷古盾マスターズエイト360歳以上の部(500m):優勝(2連覇、予選で1'35")
  10. 京大戦2マイルOBレース:負け(タイム差22秒。年齢HCPの15秒差以内に収まらず)
  11. 全日本社会人選手権40歳代1X:優勝!!(決勝タイム:3'49")
  12. 三菱レガッタ40代1X 優勝(1'51"), 40代KF(整調) 優勝(2'03"), 一般1X 3位
  13. Head of the Seta 40歳代1X 優勝 Head獲得(6.5km:27'49")
  14. ワセダレガッタ マスターズ8+(整調) 優勝(予選:1'32"16-H'cp1"9=1'30"26)
  15. 第1回Head of the ARA:HoA実行委員長として大会主催(全64クルー、164名の参加)
  16. 東大久保杯OB招待2000レース8+(整調) 7'11" 2位(一着でゴールするも、2着パルテ会との差が7秒。年齢HCP差が8秒あり、HCP修正後のネットタイムで1秒差の敗北)
  17. 年末漕ぎ納め24km1X耐久レース:優勝!計測タイム2時間11分29秒、HCP修正タイム2時間7分53秒(北西の強風と白波が立つ中、9名が出漕し、8名が完漕。正に耐久レースに相応しい内容だった)

2007年

  1. 全国マシンローイング大会40代重量級3位(6分52秒8) :ベスト記録更新
  2. 戸田ロングレース2種目で優勝:45歳以上(V2)1X( 優勝、13分47秒)、45歳以上(V2)8+( 優勝、12分01秒)。。。北西の強風が吹き荒れ、ラフコンの中、タイムは良くなかった。
  3. H18年度平塚市スポーツ賞を兄弟で受賞(H18年全日本社会人40歳台1X優勝によるもの。兄はベンチプレス世界大会準優勝での受賞)
  4. H19年度日ボ公認コーチ養成講習会に申し込み。
  5. お花見レガッタ:M1Xii部に出漕。B-finalで4位。(60名出漕中の10位)
  6. 東商戦:40歳台OBレース(8+, 500m)優勝(1'39"), OB2000mレース8+(整調):優勝!(7'19"(逆風)→好cond換算:6'55"?), 約20歳の年齢差を跳ね返して3秒差の勝利
  7. 戸田国際マスターズレガッタ:M1XカテゴリーC:優勝(3'54")、M8+カテゴリーC:優勝(3'28")、
  8. ジャパンオープンマスターズレガッタ(愛知池):M2XカテゴリーC:優勝(1000m、逆風ラフコン、4'43")、M1XカテゴリーC:優勝(500m、順風ラフコン、1'49")、
  9. 谷古盾マスターズレガッタ360歳以上の部(500m):優勝(3連覇!、強めの逆風で1'38")
  10. 全日本社会人選手権40代1X 決勝4位(矢地氏、吉田氏、松本氏に負け)
  11. 三菱レガッタ40代1X 優勝(1'49"), 40代KF(整調) 優勝(2'00")
  12. 京大戦OB2000Mエイト(整調)優勝(逆風、7'28"-14"=7'14")(12秒差の2着でゴールするも、Hcp差が14秒あり、差し引き2秒差で優勝)
  13. Head of the Seta 40歳代1X 優勝 Head獲得(6.5km:27'23")昨年より23秒改善
  14. ワセダレガッタ マスターズ8+(整調) 2位(予選:1'33"-H'cp1"5=1'31")
  15. 第2回Head of the ARA:HoA実行委員長として大会主催(全43クルー、143名の参加)
  16. 東大学内レガッタ マスターズ1Xチャンピオンレース 3位(8'09"、1着でゴール。年齢HCP(20")控除後の正式タイム7'49"は、田中岩波両氏に次いで3位)もう少し精進必要の模様。
  17. 年末漕ぎ納め24km1X耐久レース:優勝!計測タイム1時間55分39秒、HCP修正タイム1時間51分39秒(今年は穏やかな好コンディションの中、気持ち良く24kmを漕破。ライバル加藤さんを僅差で破り嬉しい漕ぎ納めとなった。今年は5名出漕。)
  18. 2007年は14勝!(年間10勝の目標達成!)

2008年

  1. 全国マシンローイング大会40歳代重量級(6分49秒1, 2位) :50秒切り達成!(ベスト記録更新
  2. 公認コーチ養成講習会共通科目試験に合格。2007/11の専門科目試験合格と併せて、講習終了。
  3. お花見レガッタ:M1Xii部に出漕。A-final進出(6位)。(準決勝で3'44"を記録)
  4. 東商戦:40歳台OBレース(8+, 500m)優勝(1'33"), OB2000mレース8+(4番):20歳若い四神会に敗北(7'02";又しても7分切れず, 年齢HCP修正タイムでは勝ち)
  5. 戸田国際マスターズレガッタ:M1XカテゴリーC:優勝(3'49")、M8+カテゴリーC:優勝(3'29")、
  6. 全日本マスターズレガッタ:M1XカテゴリーC:優勝(3'50"=前夜祭の酒が残っていた)、M8+カテゴリーC:優勝(3'20"=宿敵KHとの接戦を制しての金)
  7. 谷古盾マスターズレガッタ360歳以上の部(500m):優勝(4連覇!、略無風で1'33")
  8. 京大戦OB2マイルレースエイト:4番);瀬田川での京大戦で初の優勝(順風・順流、10'14"-20"7=9'53")(前半で2艇身以上引き離されたが、終盤でカンバス差まで追い上げた。年齢HCP20.7秒あり、修正タイムでは20秒差で圧勝。)
  9. 全日本社会人選手権40代1X 2位(小日向氏に敗北)
  10. 三菱レガッタ40代1X 優勝(1'48"), 40代KF(整調) 優勝(1'58")
  11. 香港Rowing Championship: M1X(Master-C):2位(3'46"), M4-(Master-D)(整調) 優勝(3'20")
  12. Head of the ARA M1X(40歳+)優勝(28'26")
  13. 東大学内レガッタ マスターズ1X 2000mレース 2位(微逆風で8'14"、1着でゴール。年齢HCP(22")控除後の正式タイム7'52"は、安達両氏に次いで2位)無風換算タイムは8'00"で出力係数95%を出せた。(昨年は90%程度)
  14. 年末漕ぎ納め24km1X耐久レース:優勝!計測タイム1時54分42秒、HCP修正タイム1時間50分18秒(今年も穏やかな好コンディションの中、24kmを漕破。今年は9名出漕。)
  15. 2008年度:12勝。

2009年

  1. 全国マシンローイング大会 40歳代重量級:優勝(6分49秒8) :MBC初漕ぎ会幹事と日程重なり午前の早いスタート順にした結果、ベスト記録更新ならなかったが棚ボタで優勝。(大会二日後に再
E-mail address #1