そうへい

そうへいs Profil

ProfilLetzte Aktualisierung:

Hatena ID
s0hey
Spitzname
そうへい
Vorstellung

手のひらから伝わる、剣の心地よい重さ。

背中には小さな手が、俺の服にしがみついている。

小さな手から伝わる、不安、緊張。そして俺を気遣う心。

大丈夫だ。大丈夫

後ろにいるはずの少女に小声で呟きながら、周囲の殺気をもう一度確認する。

視界には暗い木々しか目に入ってこないが、研ぎ澄ました神経にはびりびりと伝わってくる殺気。闘気。

三流どもめ。

俺は笑いだしたくなった。

そういうのはもっと隠せるようにならなきゃあな。

だが、数が多すぎる。

50では効かない。

しかも、一人一人それなりに訓練は施されているようだ。

仲間の到着は、少なく見積もってもあと半刻は待たなければならないだろう。

はたして俺は、

彼女を、守りきることができるだろうか。

いや、それは違う。

俺はすぐに考えを改めた。

「守れるかどうか」を考えるべき状況ではないのだ。

仮に守れないと見積もったとして、俺には選択肢はない。

守るのだ。そのための命なのだ。

俺は、きっと、今日のために、

剣を鍛え、苦しみに耐え、生き恥をさらしてきたのだ。

「おい、ちび。俺の『そうへい』を見たことがあるか?」

少女は無言で首を振った。

「そうか。……いいか、ちび。今から俺は、『そうへい』を使う。

それは幼いお前にとっては恐ろしい光景となるだろう。

だが、目を背けることは許さん。俺の『そうへい』を、その目でしかと見届けるのだ」

少女はふるえながらも、確かにうなずいた。

俺がたった今終えた「覚悟」を理解しているかのようだった。

「そして、俺がくたばる前に、『そうへい』を理解し、操れるようになるのだ。

それはやがては一人になるお前の生きる糧となり、戦うための牙となろう。

……いいか。見届けるのだぞ」

俺は、息を深く吸うと、

『そうへい』の構えを取った。


木陰から、無数の黒い影がこちらに飛びかかってくる

Name

そうへい

Geschlecht

殿方

Alter

中年

Geburtstag

長月

Blutgruppe

大型

Beruf

小物

Schule

人生

Wohnort

地球

Geburtsort

母体

Besondere Fähigkeiten

咆哮