和子(わこ)

和子(わこ)s Profil

なんとなく生きづらいと感じていた人が自然にスーと本来の自分に戻る

ProfilLetzte Aktualisierung:

Hatena ID
wacopathy
Spitzname
和子(わこ)
Beschreibung

なんとなく生きづらいと感じていた人が自然にスーと本来自分に戻る

Vorstellung

ソウルセラピスト

わこパシー



わたしのこと

わたしって、なんだろう?って、小さい頃から考える子どもでした。

体があって、考えるわたしがいるけれど、体のどこにわたしはいるのだろう?

体の外に、空のかなたの別の世界にいるのかな?

わたし自分認識しているのはどうやっているのだろう。

それが不思議でした。

わたしのことは分かるのに、他のひとのことは分からない、

他のひとと違うのは何故なんだろう?って、考える大人しい子どもでした。

恥ずかしがり屋で、母の後ろに隠れては人見知りをする子どもでした。

そのくせ、自分表現したくてたまらないところもありました。

わたしは、人生で2度、命を助けられています

2歳のころ、車に轢かれそうになったところを通りがかった人に間一髪で助けられて、命拾いをしました。

もう一回は20代とき。30数年前のこと。

20代では急性肝炎になって入院しました。

肝臓のGOP,GPTの平常値は20~40台なのに、1,000を超え激症肝炎かもしれない、

医師から、助かる確率20%、助かっても後遺症がのこりますと母に告げられました。

面会謝絶絶対安静、覚悟をするようにと言われていたそうです。

1週間ほど朦朧とした意識のなかで苦しく戦っていたように覚えています

そのさなかにわたし臨死体験しました。

たぶん、一度あの世に行きかけていたのでしょう。

「しずかで美しい世界を乗り物のようなものに乗ってわたしは移動していました。

到着すると、そこに誰かがいて、顔は見えなかったけれど、わたしを先導してくれる人だと分かりました。高い山がそびえていて、これからあの山を登りましょうといわれたけれど、仰ぎ見て私は 今は、行かないって答えていました。その後、意識が戻りました。

それが、臨死体験だと知ったのは、その十数年後、立花隆さんの「臨死体験」という本を読んでからでした。

臨死体験をした直後か、その数日後かに私はベッドの上で、突然、圧倒的なもので満たされていました。

言葉では表現できない、光のような、自分の中からも溢れているし、周りにも満ちている。そんな感覚があふれ出してくる体験しました。

これが何なのか?というと神という言葉しかみつからない、神さまがたしかにそこにいる、と思って

目をこらして神さまを見ようと探しました。

目では見えなかったけれど、ほんとうに、そこには絶対的幸せ世界があったのです。

全ての、世界中の人を愛したい、溢れかえるような至福感につつまれ自分自身が愛そのものの光と一体になっている感覚というのでしょうか、絶対に忘れることの出来ない感覚でした。

その時の私は、健康でもなく、人の世話にならないと生きていけない、なにももっていない、なにも出来ないけれど、幸せだったのです。

ひとはみな、そんな存在なんだと、自分のなかで思いました。

激症肝炎の症状から私が生命を維持できたのは、病院での治療看護、父と母の無償の愛で生かされたからだと思いました。

母はずっと付きっきりで看護してくれて、父は仕事前に毎朝早く起きて神社お百度参りをしてくれていたのでした。

私が目を覚ましたとき病院先生は飛んできてくれてGOP,GPTの値が下がったこと、感染ウイルスがA型だったことを報告してくれて、自分のことのように喜んでくれました。


光につつまれて生きながら神さまといっしょにいた、その時の経験はその後、私の生きている意味価値観を決定するくらいの大きな体験でした。

このことが、わたしの今やっていることへと繋がっていったのでしょう。

今、わたしは、ソウルセラピストとして活動をしています

アロマセラピーからフラワーエッセンスホメオパシー心理療法カウンセリング、そして、それらを統合するような手法出会いました。

それがフィシオエナジェティックという検査法(ホリスティックキネシオロジー)です。

さらに様々なキネシオロジー出会い、今まで学んできた自然療法を適切なタイミングで活かす道へと繋いでくれました。

こんな風に書き並べてみると、まるで順調に進んできたように思われるかもしれませんが、紆余曲折がありました。

素晴らしい体験があれば、落ち込むこともある、肉体をもって三次元に生きるわたし達だからこそ、いろいろな経験をするのでしょう。

心も体も動けなくなったときのこと、欝だと教えてくれた断食道場大沢先生がいらっしゃいました。そこから

心屋塾の心屋仁之助さんのリセットカウンセリングマスターコース漢方子宝堀江昭佳さんの風水薬膳茶の学びも加わりました。やってきたその全てが繋がっています

私自身が初めてカウンセリングを受けたのは潜在意識セラピスト矢野惣一さんでした。

矢野惣一さんにはカウンセリングだけでなく、たくさんのイメージワークを学び潜在意識が全てを変える、今では私にとって得意な分野になりました。

またアダルトチルドレン専門カウンセラー岩田とよさんからシータヒーリング基礎DNAを教えて頂き、ヒーリング凄さを実感させていただきました。

とよさんからヒーリングを学んだことが、私の体験セラピーを繋いでくれました。

今では、体験からまれヒーリングセラピー提供し、

あの一体感で生きることが、ほんとうに実現していくのだなと感じています

人とのご縁が次から次へと繋がって、今の私の活動へと繋がっています


私だからこそ出来ることがあるのだろうと思っています

あなたにはあなたしか出来ないことがあるように。

わたしセラピーを受けて下さったクライアントさんは、わこパシーとか、わこさんぽセラピーと呼んで下さっています

わこさんのテレパシーと感じるからと言われた方もいらっしゃいました。

わこさんぽセラピーからくるイメージ

それは私が、歩く速度でゆっくりと お散歩するように、人生を歩んできたから。

あちらに可愛い花が咲いていたら、足を止めて見て、あっちに興味のある催しがあったら参加して、空が綺麗だったら立ち止まって空をみて、嵐が吹いたら、頑丈な屋内に逃げ込んで、晴れたら。。。というぐあいに、いつの間にか、したいことしながらここまで来てしまった。

失敗もあったと思う、悲しいこともあった、けれどそのすべてが愛に繋がっていると信じたいと思っています

心屋仁之介さんのマスターコース卒業した時に頂いた言葉を紹介させてください。

『わこさんへ

あなたが生きてきた道が

カウンセリングになるから

なにも しようとしなくて いいよ』


なにも しようとしなくて いい

命がある、そこにいる だけでいい

命があることを喜びさえしたら それで いいのかもしれない

いのちを終えた人も魂で生きている

そんな風にも思っています



わたし目標理念

愛の波動で心を満たし

誰もが自分という世界をのびのびと(大らかに自分らしく)

自由に生きられる人(世界)を創ります


それを達成するために、日々、活動していきます

セッション目的自分らしく生きるセッション)」

自分ときめいて自分らしく生きる

あなた自分の本当の気持ちと一致してあなたらしく生きられることを実現する

そうなると奇跡が起こる

あなたに会った人も奇跡を起こす人になる

人間の(自分の)素晴らしさを本当に思い出して欲しい

固定観念を捨て

柔軟性をもってリラックスすること

幸せであること(平和であること)

安心していること(心配しないこと)


カウンセリングセラピー感想

今までに頂いた数々のご感想

列記



履歴書紹介】

20代 大学卒業企画会社に勤務。

会社の閉鎖で失業大学で学んだ演劇を活かそうと文学座入学テストを受けるが3次で落選

その後、アルバイトをしながら、テレビタレントセスクールに夜学で通う。

初めての仕事ラジオ番組アシスタントを務める。

その後、テレビ報道番組オーディションからキャスターとして番組終了までの1年6か月生放送キャスターレポーターを務める。

テレビラジオで多くの人に取材インタビューをしてきました。

俳優さん女優さん、映画監督さん、歌手の方など有名芸能人をはじめ、一般の方々から聞かせて頂くという貴重な体験をする。

20代後半、大病をする。

仕事を辞め、結婚と同時に上京

専業主婦子育てに没頭。

40代、父が末期の肺がん病院入院し亡くなる。

どう生きるかということについて、深く考えるようになった。

その後、自然療法にかかわる学びとともにカウンセリング経験を積む。

40代後半、ホメオパシー療法の学校に4年間在籍。

50代前半、学びの最終仕上げとしてギリシャ、アロニソス島で1か月滞在

ホメオパシー世界権威、ジヨージ・ビソルカス博士から直接講義指導を受ける。

メンバーの中には心臓内科医眼科医看護師薬剤師医療従事者も在籍、共に3日間ある最終試験を受け無事合格する。

卒業後、青山通りにあるサロンホメオパスとしてセッション経験を積む。

これまでに1000人以上のお悩み、人生観お話を聞かせて頂き、自分自身ミッションや使命が明確になる。

2012年、心屋塾でカウンセリングを学び、心屋リセットカウンセラーとなる。

2014年日本薬膳協会立ち上げと同時に風水薬膳茶講座0期生として参加、ティセラピストとなる。

2015年、全国5名いる認定講師の一人として活動を始める。

現在は「ソウルセラピー」を提供

自らの臨死体験至高体験、父との別れからホリスティック観点での〈癒し〉について学んでいくことになりました。

フラワーメディホメオパシーなどの自然療法、そしてフィシオエナジェティック(全身の筋反射検査法)に出会いました。それらを生活に取り組むうちに、自然

他者への介入が最少ですむような、最も優しいセラピーが生まれました。

それが「ソウルセラピー」です。

本当の自分を知るために、潜在意識に働きかけ、ご自身から答えを導き解決するお手伝いをしています。何かを決断するときに、納得のいく答えを得るために。

心屋リセットカウンセリング自然療法、フィシオエナジェティック、それらを組みあわせ、カラダ・ココロ・魂を繋いで本来あなたに戻る オーダーメードセッション

自分の本当の気持ちと一致してあなたが、あなたらしく生きることを実現する。

魂の歓びとともに生きることが、簡単に実現できる、そんなセッション提供しています

私にとっての使命とは、出会った方々が自分らしい人生を楽しめるような、そんな使命をみつけることではないかと、わくわくしております




心屋塾認定カウンセラー 

風水薬膳®認定講師(全国で5名)







人生エピソード

20代後半に生死をさまようような大病から臨死体験経験したのち、圧倒的な感覚に包まれました。言葉にはならないほどの、至福というか、愛というか、すべてとの一体感で満たされていました。

40代、父が末期の肺がん病院入院し亡くなりました。

どう生きるかということについて、深く考えるようになりました。

そして40代からホリスティック観点での〈癒し〉について学んでいくことになりました。

フラワーメディホメオパシーなどの自然療法、そしてフィシオエナジェティック(全身の筋反射検査法)に出会いました。それらを生活に取り組むうちに、自然

他者への介入が最少ですむような、最も優しいセラピーが生まれました。

それが「ソウルセラピー」です。

本当の自分を知るために、潜在意識に働きかけ、ご自身から答えを導き解決するお手伝いをしています。何かを決断するときに、納得のいく答えを得るために。

心屋リセットカウンセリング自然療法、フィシオエナジェティック、それらを組みあわせ、カラダ・ココロ・魂を繋いで本来あなたに戻る オーダーメードセッション

自分の本当の気持ちと一致してあなたが、あなたらしく生きることを実現する。

魂の歓びとともに生きることが、簡単に実現できる、そんなセッション提供しています

私にとっての使命とは、出会った方々が自分らしい人生を楽しめるような、そんな使命をみつけることではないかと、わくわくしております




心屋塾認定カウンセラー 

風水薬膳®認定講師(全国で5名)










心屋リセットカウンセラーメンタルセラピスト

20代で生死をさまよう大病から臨死体験をし

ホリスティック観点での〈癒し〉について学んできました。

アロマセラピーからまりフラワーメディホメオパシーなどの自然療法、そしてフィシオエナジェティック(全身の筋反射検査方法)に出会いました。

最も優しく少ない介入で潜在意識に働きかけ、ご本人から答えを導き解決するお手伝いをします。

東洋医学陰陽五行説の命式(生年月日を東洋の暦に置き換えたものから使命や宇宙を感じられるのも