Kay

Kays Profil

英語コーチ・インストラクターとして個別指導レッスンを提供しています。

ProfilLetzte Aktualisierung:

Hatena ID
stepupenglish
Spitzname
Kay
Beschreibung

英語コーチ・インストラクターとして個別指導レッスンを提供しています。

Vorstellung

あなたの頭の中に英語回路を作るナビゲーターのKayです。

長崎県諫早市生まれ。小学生の頃から、“国際”という言葉に憧れ、海を見ても山を見ても、その先に広がる外国に思いを馳せる日々。将来は必ず、海外の人々とのコニュニケーション力が必要になる日が来ると思っていました。


英会話習得についての大きな誤解

大学は英文学を専攻。運よく、日本語の話せない米人英会話講師と一緒に住むことになりました。毎日、アメリカ人の英語を聞き、大学では、英文を多読、語彙を増やしているにもかかわらず、言いたいことの半分も話せませんでした。当時は、英会話ができるようになるには、もっともっと知識を得ることが必要だと思っていました。英会話習得についての私の誤解は、学生時代に出来上がりました。


社会人になって英会話習得の近道へ

大学を卒業後、塾、予備校、英会話教室を経営する民間会社に入社。いきなり、外国人英語講師との打ち合わせや採用まで担当することになり、日本にいながら、英語で苦戦。メンタルも崩れ、すべてに自信を失いかけていた時、高齢者の方に中学1、2生レベルのテキストで英会話を教えるようになり、いつの間にか、自分の方が日本語を介さずに英語を話していることに気づきました。中学レベルの簡単な英文をマスターすることが、英会話習得の近道なるとは、目から鱗でした。


英語力は武器

会社では、12年間、英会話・受験英語・企業研修の講師とそのマネジメントをする経験をしました。その後は、自分の英語力をもっと伸ばしながら働きたいと思い、転職。長崎大学にて、秘書、アシスタント、通訳、翻訳、国際会議等のコーディネーター業務にあたり、様々な国籍の人々と英語を使って仕事をすることになりました。


英語を話せるということで、仕事のオファーが来ましたので、国内で仕事に困ったことはありませんでした。最初の就職から3回転職しましたが、英語力があるということは、私の強みになったことは確かです。この頃、人の力を引き出すということに興味があり、長崎大学経済学部研究科でマネジメントの勉強もしました。


アメリカでも知る日本人の「使えない英語」とは

40代になってから、どうしても海外に居住する経験がしたくて、仕事を辞め、貯めていたすべてのお金を米国留学に投資しました。現地では、「使えない英語」を話す日本人が見下げられている場面に多く遭遇、自分の事のように悔しかったことを覚えています。私が学校を卒業してから数十年も経っているのに、日本の英語教育がまだ実践的でないことに落胆しました。日常生活で不自由しない程度の英会話力と言えば、中学英語のレベルで十分です。日本人が世界で活躍するには、まずは、基礎になる中学英語を話す必要があると痛感しました。


現地の会社に就職~諦めなければ、望みはかなう

米国人すら就職難と言われたリーマンショック後の時期、カルフォルニアにて必死で就職活動を開始。ケンタッキー州で(就労ビザサポート付き)正社員のポジションを手に入れました。40代後半の私が採用されたことは、「諦めなければ、年齢に関係なく望みは叶う」と励みになる体験となりました。


ライフワーク

アメリカで、充実した日々を送っていましたが、残念ながら、日本にいる高齢の両親を案じ、介護のため帰国となりました。


帰国後は、これまでの人生を振り返るよい機会となりました。様々な英語関連の仕事をした中で、英語講師として活動した日々は、私の人生で、もっともやりがいがあった時期でした。友人たちの勧めもあり、再び、英語を教えることにした私ですが、講師としては、学びたいこと、やり直したいことがありました。それは、英語コーチとしてのスキルを学ぶことでした。


講師をしていて限界を感じたのは、受講の目的が明確でなく、英語のレベルも学ぶ姿勢も異なる受講生が同じクラスにいる時でした。講師は、レッスン時間内のみのお付き合いのため、日々の勉強をサポートすることもできず、「忙しい」と言われたら、宿題提出も強制できませんでした。結果、上達が遅れます…


そのようなことを打開するためにも、英語コーチの役割は大切だと思いました。分かりやすく言えば、英語コーチは、スポーツのコーチと同じような役割をもっています。私は学生時代、スポーツをしていたので、よく分かるのですが、スポーツで勝つか負けるかは、コーチ(監督)次第と言っても過言ではありませんでした。


選手の日々のトレーニングから日常生活の把握、メンタルに至るまでをサポートするのがコーチ(監督)です。英語コーチも同じで、お一人お一人の英語のゴール設定、教材の選定、学習プラン等に係わり、モチベーションのサポートをすることで、目標を短期間で達成することができるのです。


(多くの優秀な英語コーチを輩出されている日英通訳・英語コーチ片桐美穂子先生主催の「英語教育ビジネスアカデミー」受講)


これまでの経験を活かし、お一人お一人の目標に応じてプログラムを提供しております。まずは、できるだけ多くの方に中学英語が話せるようになるお手伝いをしたいと思っております。


Kay(Kaoru Kimura)

英語コーチ・インストラクター

【資格等】 

 ・高等学校教諭(2級)中学校教諭(1級)免許状(英語)

 ・修士(経済学)

 ・英語検定1級

 ・マネジメント・ビジネストラック ディプロマ取得(カルフォルニア大学バークレイ校EX)


【英語指導歴】 17年

・英会話講師(小学生~シニア)

 ・英語講師(英検対策、中学受験、高校受験、大学受験、高認受験)

 ・企業英語研修講師

 勤務先 長崎カルチャーセンター他


【その他の国内英語関連業務】 10年

 学部長秘書、通訳業務、翻訳業務、国際会議コーディネーター、アシスタント等

 勤務先 長崎大学他

【海外留学】1年コース

 カルフォルニア大学バークレイ校エクステンション(University of California Berkeley EX.)


【アメリカでの職歴】3年半

 アドミニスペシャリスト トヨテツミッドアメリカ

Administration Specialist,  Toyotetsu Mid America

Name

Kay(Kaoru Kimura)